たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

ルールは徐々に作ればいい

米国株ブログ三強、チンギス・ハンさんが売らないというルールを破ってしまったという記事を上げていました。
僕はルールは徐々に作っていくもので、合わないと思えば、変えて良いと思います。

バフェット太郎さんは、ルールをバシッと決めて守っています。30代前半で4000万円の運用資金がある成功した投資家だから、自分のルールに確信が持てるのでしょう。それは、成功体験からきているのか、失敗体験からなのかはわかりませんが。

米国株投資を始めて、1年経ちましたが、その間、ルールをコロコロ変えています。最初はVYMをドルコスト平均で積立するつもりでした。
いつの間にか、個別株に投資したり、新興国ETFに投資したりしています。投資を続けていく中で、色々気付いた事があります。
投資は誰か相手がいるわけではなく、自分との闘いです。
市場平均に勝つ事よりも、退場せずに続ける方が大事です。そのためには、2~3年かけて、自分にあったルールを作るのが大事です。
最初に作ったルールをずっと守れるでしょうか?
初めての米国株で、始める前からルールをビシッと決めれるのか?

そんな人は稀です。
人間は完璧ではないのだから。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村