たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

ドル安でよし!と思うようになった

投資を始めたばかりの頃は円高ドル安は円建て評価が下がるので、「嫌ーー!」と思っていました。

最近はドル安になると「よし!よし!」と思えるようになってきました。
なぜ、ドル安になると嬉しいか?それはアメリカ人の投資家がリスクオンになってくれている証拠だからです。リスクオン=株高なので、ドル安大歓迎です。
また、円の購買力が増すので、新しく株を買いやすいです。

リスクオフの円高もありますけどね。そん時はマクドナルドやジョンソン&ジョンソンなどの高配当銘柄の仕込み時だし、米国ETFも買い時です。

長期的には円安ドル高だと思いますが、短中期的には円高ドル安が好ましいです。
順張りにしろ、逆張りにしろ、株を仕込やすくなるので歓迎です。

まぁ、為替なんて長期的にはインフレ率の差で決まるだけです。
物の価値は不変、通貨の価値こそが揺らいでいます。
長期的に円高ドル安だったとしても、インフレがきつい分ドルベースの株価が伸びて、釣り合います。
サラリーマン投資家は新たな投資を終えるその時まで、常に円高ドル安を願うべきです。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村