たけぼうの20代からの資産形成術

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

新興国とハイテク株に明るい未来

予定通り、IEMGを買いました。これで、中国、韓国、台湾、インドの優良企業にまとめて投資したことになります。
特に、アリババ、サムスンTSMCに期待しています。

さて、JPMの決算発表がありました。売上高、EPSは予想を上回っていましたが、純金利収入のガイダンスは下げました。弱い経済指標による長期金利低下もあり、金融株は下げました。

僕が無視できないと思ったポイントは純金利収入ガイダンスを引き下げた事です。利鞘が思ったほど拡大しない。つまり、長期金利はまだまだ低いままだと思っている。という意味です。
アメリカNo.1の銀行のCEOが、「米国の長期金利はしばらく上がらないよ。」と言っている。これは、無視できません。
米国金利低下はハイテク株買い、新興国株買い。
そして、ドル安です。

ということで、新興国ETFは年後半も期待して良い。米国株は割高ですが、新興国は割安です。PBRは米国の半分くらいの水準です。ここからの伸びしろは相当大きいと思って良いでしょう。

IEMGを2000ドルほど購入。さらに1200ドルほど余力があったので、VISAも買いました。チャートもブレイクアウトした瞬間だったので。好調な世界経済、ドル安、長期金利低下はVISAには追い風です。

f:id:takeboww:20170715222136p:plain


北朝鮮のミサイルにも反応しないし、当分リスクオンが続くと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村