たけぼうの20代からの資産形成術

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

難しい局面。素直な順張りが吉か

金利上昇に伴い、ハイテク株、高PER株が売られています。
金利が上がれば、債券の利回りに魅力が出てきて、高PER株で半値になるリスクをとる必要がなくなります。
また、高配当株も売られます。高配当株の購入目的は、安定したリターンを配当で得たいためです。
同じ事は、債券で、より低いリスクで実現可能です。

金利上昇は株式市場にはagainstです。
また、だいぶ上昇しているので、長期投資で仕込むべき株が無くなりつつあります。

なので、割り切って短期の順張りが良いのかなぁと思っています。。

◇特に強い株を順張りで買おう

ハイテクは金利上昇を嫌気して、はっきりと売られているので避けるとして、仕込むべきは・・・

金融、消費財、資本財 などです。

f:id:takeboww:20170710183038p:plain

ダウ銘柄で見てみます。参考までにアマゾンも
JPM、BA、MCDなどが強いですね。
そして、Visa、Amazonと言った高PERグロース株は売られています。

ここ最近の勢いはJPMが最も良さそうです。
指標を見てみます。

第1候補
ティッカー:JPM
PER(予想):12.35
利回り:2.13%
決算日:7/14

割高感はありません。まだまだ割安と言えます。そして、金利上昇は追い風です。


第2候補として、ボーイングも良いと思います。ドル高が収益を圧迫しそうですが。
ティッカー:BA
PER(予想):19.76
利回り:2.81%
決算日:7/26

指標は普通ですね。

第3候補
ティッカー:MCD
PER(予想):22.85
利回り:2.41%
決算日:???

高い感じがします。しかし、MCDは多少タイミングが間違っても、何とかなりそうな安心感があります。
チャートを見ても、全然売られる気配がありません。一度上がれば、永遠に落ちてこない感があります。
また日本マクドナルドの既存店舗売上も伸びていることから、利益も伸びてそうです
ただ、投資家の期待もものすごく高くなっている事から、売りもありえると思います。

f:id:takeboww:20170710183102p:plain

金融に順張りが一番良い気がします。

という事で、7/14の行動は・・・

JPMが好決算⇒買い
JPMが悪決算⇒何もしない。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村