たけぼうの20代からの資産形成術

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

ドラえもん投資法!?

ちょっと適当に考えただけなので、上手く行くかは分かりません。
でも、永続する企業とはこういう事です。

永続する企業=ドラえもんにとって替わられない企業

これはドラえもんを鑑賞中、セワシ君(のびたの孫の孫)の生活をみて閃きました。
セワシ君は22世紀に住んでいます。車は空を飛び、子守ロボットが子守の手伝いをします。
ドラえもんはマツシバ製です。(松下電器東芝を足したのでしょう。でも、どちらの企業も22世紀まで存続しないでしょう・・・)
さて、セワシ君達の生活で、21世紀から大きく変わった部分と変わらない部分があります。
この22世紀でも継続していそうな企業の株をBUY&HOLDするのが最も儲かるはず・・・。

◇22世紀でも変わらないものとは・・・

・食品
・薬/医療機器
半導体

人間は食べないと生きていけません。また、薬は人間が飲むものです。
外科手術もまだまだ必要でしょう。
これらはドラえもんと言えどもどうすることもできません。
また、半導体ドラえもんの部品になります。CPUやメモリは必須です。

◇22世紀に今の形で存在しているか分からないもの

・乗り物
・エネルギー

22世紀では乗り物は空を飛んでいます。
100年後に本当に空を飛んでいるか分かりませんが、内燃機関を搭載しているかは怪しいです。
自動車メーカーのノウハウは内燃機関にあります。22世紀には内燃機関が不要になるかもしれません。
自動車メーカーの勢力図ががらりと変わっている可能性が大いにあります。

内燃機関が無くなれば石油も不要になります。
今後、30年、40年くらいは、まだ石油を使っているかもしれませんが、
100年後はわかりません。

◇22世紀にも存続している可能性がある企業で購入候補は・・

・KO:食品
・MCD:食品
・JNJ:薬品/医療機器
・TSM:半導体

このあたりですね。

かなり素人くさい記事でした。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村