たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

無料より高いものは無い

無料より高いものはありません。
これは真実です。入り口は無料でも、出口まで知らず知らずの内に金を毟り取られます。

最近、FP3級の勉強しているのは二つの目的があります。

①ブログに説得力を持たせる
②友達を情弱金融商品から守る

①はまぁ、良いでしょう。肩書きが欲しいのですよ。
②の説明する前に、無料相談を行っているFPがどのようにしてお金を稼いでいるかを説明します。

それは金融機関および保険会社からの手数料です。

保険を紹介して、契約まで行きつけば手数料が入ってきます。
それが主な収入源です。

この構造では顧客とFPの利害が衝突してしまいます。

顧客のためを思えば、手数料が安く良心的な商品を進めるべきだが、
そうすると自分の入ってくる収入が減るという・・・。
本当なら顧客第一で行動すべきですが、そうなりにくい構造になっています。

もちろん良いFPもいます。
自分もFPに相談し、生命保険を見直しました。保険料は以前よりかなり割安になったし、火災保険も割安なものを紹介してもらいました。
ただ、アンケートで老後資産が不安だと回答したら、外貨建て貯蓄保険のパンフが送られてきて、心底がっかりしました
この人も、他のFPと変わらないのかと。
もし、本気で外貨建て貯蓄保険が良いと思ってるなら、そのFPは論外です。だって、インフレについて理解していない事になるから。

僕の友達も外貨建て貯蓄保険に入ってしまいました。やんわり止めたのですが。
ということで、FPの資格を取れば、それなりに相談されて、身の回りの人が変な商品を掴まされるのを止める事が出来ると考えました。
特に親が変な金融商品を掴まされると最悪です。ツケは自分に来ますので要注意です。
FPという肩書きがあれば、多少、話を聞いてくれるでしょう。
金融機関のクソ営業マンより僕の方が正しい事を言っているのですが、肩書きがないと人は話を聞かないものです。

※外貨建て貯蓄保険がどんなにひどい商品か、米国株ブログの読者には説明不要なので割愛します。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村