たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

半導体企業で最も深いワイドモートを築いている企業は

それはTSMCです。
TSMCが本当に欲しいです。。
でもSBI証券では扱ってないんだよな・・・。

僕は半導体銘柄はQCOMを持っています。配当利回りにつられて買ってしまいましたが、
半導体関連で最も欲しい銘柄はTSMです。

TSMCは生産受託です。生産受託というと利益率が低いイメージがありますが、TSMCは利益率が物凄く高いです。
逆に考えるべきです。設計をアウトソーシングしていると。

f:id:takeboww:20170512181843p:plain
f:id:takeboww:20170512181630p:plain

TSMCは「ONLY ONE COMPANY」だ

エヌビディアもクアルコムもアップルもTSMCが居なければ、半導体チップを作れません。
そして、彼らの大量の発注を捌ける事ができる企業はTSMCのみです。

比較対象としてインテルが適切だと思うのでインテルについても解説します。


インテルの最大の特徴とTSMCとの比較

インテルの最大の特徴はCopy Exactlyです。

インテルはアメリカ、イスラエルアイルランド、中国に工場を持っています。
「同じ装置で、同じプロセスを行えば、同じ製品が出来上がる」というのがCopy Exactlyです。
もっと、平たく言うと「ところてん方式」です。
ポートランドで実証されたプロセスを世界中の工場で行うのがインテルのやり方です。

一方、TSMCは多種多様の製品を生産しています。
スマホ用CPU、CPU、FPGA、アナログ半導体
それぞれ、気をつけなければいけない事は異なるでしょう。
きめ細かいプロセスが必要です。

TSMCインテルは同じ半導体企業ですが、生産のやり方は全然違うのです。

TSMCの利益の源泉は、稼働率の高さと考えられます。
半導体工場は稼働率が命です。
固定費は決まっているので、稼働率が高ければ高いほど、利益率が上がります。
TSMC稼働率は90%を超えているそうです。フィールドエンジニアの人から聞いたので間違いありません。
一方、インテルは60%程度です。
PC需要の後退により、工場稼働率は下がっています。

インテルは工場稼働率を上げるため、生産受託も行っています。
しかし、TSMCのシェアを奪う事はできていません。
インテルの工場はインテル製品を作るために最適化されており、ファブレスメーカーは自分達の製品も歩留まり良く作れるか懐疑的なのです。
そして、TSMCのシェアは圧倒的なため、損益分岐点はライバルよりも低く、価格決定権はTSMCにあるのです。
なので、TSMCのワイドモートを壊す事は、少なくとも、他のファウンダリーにはできません。

TSMCに打ち勝つ事ができる企業はインテルのみだが
TSMCインテルを比較してきました。
TSMCの牙城を崩せるのはインテルしか存在しないと思うからです。

TSMCが用済みになる条件は1つだけです。

垂直統合半導体企業があらゆる半導体製品でシェアの大半を取る事です。
垂直統合半導体企業で最も大きいのがインテルですが、流石のインテルでもそんな事は無理です。
つまり、TSMCが築いたワイドモートはもう誰にも崩せないという事です。

◇現行のPERを確認
インテル:14倍
TSMC:16倍

インテルのPERが適正だとすれば、TSMCは破格の安さです。
なぜなら、今後の成長はTSMCの方が高いのは明らかだからです。

◇TSMを買うためには・・・。

SBI証券が扱うのを待つ。
楽天証券で口座を開いて、楽天証券で買う。


①はいつになるかわかりません。
もう待っていられるか!俺は②を行うぞ。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村