たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

高分配なASEAN諸国のETF

◇最近のマイブームはASEAN国のETF

今、注目しているのはシンガポールETFです。

PER:14.48
PBR:1.26
分配金利回り:6.13%
経費率:0.48%

年初来で既に11%のリターンです。

f:id:takeboww:20170423152014p:plain

シンガポールETFはフランス選挙後が狙い目?
シンガポールは欧州からの投資が多いようです。欧州選挙の結果によってはシンガポールETFも大きく動きそうです。
下落したら、絶好の買い場です。
大統領が変わっても、経済への影響は微小で、株価に影響するだけです。アメリカや中国の政治は少なからず世界経済に影響を与えるでしょうが、フランス選挙の影響は微小でしょう。しかも、まだ一回目の選挙では大統領は決まらないのです。
フランス選挙にリスクオフに一旦傾く時が狙い目です。
円>ドル>新興国通貨と為替が動きます。通貨安+株安でドル建て
で見たときに大きく下落するでしょう。

◇少し浮気
ホールドは米国株だけのつもりです。でも、米国株は歴史的には割高水準で、税制改革の期待だけで上がってきたので伸びしろは小さいです。
一方、新興国株はトランプ大統領当選後に売られました。金利上昇を見込んで、資金が米国に集まったからです。でも、利上げは緩やかになりそうです。長期金利は下落しました。インフラ投資もまだまだできない。だって、予算が決まらないから。よって、新興国から資金を引き上げる必要が無くなりました。素直に新興国に投資して、米国に資金が集まる理由ができてから売れば良いと思いました。

ということで、シンガポールETFはウォッチ対象です。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村