たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりお

◇現在個別銘柄を選定中
「ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりお」を実践すべく
個別銘柄を選定中です。
僕がいつも拝見しているバフェット太郎さんのブログによると、ある景気局面に強い銘柄に偏らせず、満遍なく投資するのが良いそうです。

不況→回復→拡大→後退

僕の管理能力だと10銘柄程度が限界です。
「ぼくのかんがえたさいきょうのポートフォリオ」が市場平均に負け続けるのは
見るに耐えないので、一部はETFにしようと思います。
幸い、VYMという市場平均とほぼ同じ値動きをするETFを持っています。
また、HDVという高配当ETFも持っています。
ETFをメインに置きつつ個別銘柄も投資する方針にしたいと思います。

ただ、資金量が少ないので、個別銘柄をちまちま買うのは手数料が馬鹿らしいです。
よって、10銘柄に分散するのは5年後を目標とし、今年は3銘柄+ETFポートフォリオを構築したいと思います。

◇将来的なポートフォリオ

不況:5銘柄
後退:1銘柄
回復:2銘柄
拡大:2銘柄
HDV
VYM
f:id:takeboww:20170301184447p:plain

◇当面のポートフォリオはどうするか
米国は利上げ中です。
利上げは金融引き締めですので
現在は回復→拡大への移行中にあると思います。
現に、金融、ハイテクが伸びています。

f:id:takeboww:20170301184354p:plain

VOO:S&P500 ETF
XLV:ヘルスケアセクター ETF
XLF:金融セクター ETF
XLK:テクノロジーセクターETF
XLP:生活必需品
XLE:エネルギー
XLY:一般消費財

長期的に見て、今、仕込むべき株は後退あるいは不況に強いセクターです。
後退局面はエネルギー株ですが、すでにXOMを持っていますので、
他の銘柄を増やす必要は感じません。
よって、不況に強い生活必需品あるいはヘルスケアを仕込むべきでしょう。
生活必需品、ヘルスケアを売って、金融、ハイテク、一般消費を買う人が出てくると思うので、
売られた生活必需品、ヘルスケア株を拾う感じです。

f:id:takeboww:20170301184525p:plain

生活必需品はKOを持っていますので、飲料以外の生活必需品、
ヘルスケア銘柄を仕込むべきです。

生活必需品セクター候補
・PM(たばこ)
・PG(日用品)

ヘルスケア
・JNJ
・ABBV
・PFE

このあたりでしょうか。

明日以降細かい分析をしてみます。