読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

キーワードは集中

◇何事もそんな気がしてきた
最近、投資について考える事が増えました。
投資で言えることは他の何か(仕事)にも言える気がします。投資に限らず何事も適度に集中させることが大事な気がしてきました。

◇取捨選択が大事
うちの会社は残業が慢性化しています。労働基準局にも怒られており、今度、月80h越えが一人でも出たら公表すると脅されているとか。まぁ、残業代は全部出るので、だいぶマシですが。何で、慢性化するかというと、リソースの集中のさせ方が下手くそだからです。
f:id:takeboww:20170207222526j:plain
何でもかんでもやろうとすると、リソースが足りなくなります。人的資源も、時間も限られているからです。なので、あえて捨てる、何かをしないという選択が必要です。もっと、捨てて良い気がします。捨てると不安になりますが、無くてもどうとでもなる事なら、思い切って、捨てた方がリソースの節約になります。ウォッチする必要が無くなるからです。日本人は極度にリスクを恐れますが、リスクを取らないとリターンは取れません。捨てるリスクを取るべきです。
投資も捨てるという選択が大事な気がしました。あえて、新興国に投資しない、債券に投資しない。この○○しないというのがリターンの源泉です。

◇人生も同じでは?
人の才能も限られているし、時間も限られています。勉強でも、スポーツでも、何でもかんでも一流になる事はできません。イチロー選手は中学校の時、勉強も頑張ったそうです。でも、7番くらいが限界で、勉強では1番になれないと思い、野球に専念したそうです。勉強を捨てて、野球を取ったから、MLBで殿堂入り間違いなしのスーパースターになれたわけです。

◇一番良くないのは何も考えずに立ち止まっている事
自分の持っている財産は限られています。何もしないと、ただ腐っていくだけです。何となく大学に行って、4年間遊ぶよりも、高卒で就職した方が良いかもしれません。同期にも高卒の人はいますが、しっかりしています。入社時は、「5つも下なのにこんなにしっかりしているのか」と驚きました。また、企業は、学歴はどうでも良くて、仕事のできる優秀な人を高く評価したいはずです。大学進学を捨てる事で、同世代に対して、4年のアドバンテージを得る事ができます。人生も投資も(投資も人生の一部かもしれませんが)何かを捨てて、リソースを集中させてきた人が、成功するのかもしれません。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村