読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

今年の投資方針

◇去年の反省
去年は投資を始めたばかりということで、ルールが適当でした。反省点を色々書いていきたいと思います。

◇良かった点
バイ&ホールドを続けられた事
結果的に一度も売らずに2016年を終えることができました。始めた当初は、価格の変動に耐えられず、損しないうちに売ってしまおうと考えていましたが、3ヶ月位たつと、慣れてきて、チャートもたまにしか見なくなりました。今後も日々の価格変動に一喜一憂せず、バイ&ホールドを継続していきたいですね。

◇悪かった点
①勢いで買ってしまった
チャートの見方もよくわかってないのに、5日間くらいのチャートを見て、「右肩上がりだ、上がる前に買わなきゃ」的な、衝動買いをしてしまいました。しかも、一気に1000ドルくらい。上記なような買い方をすると高値でたくさん仕込むことになるので、平均購買単価が下がりません。今年は気をつけようと思います。

②焦ってドル転、FXで失敗
円安にどんどんなる、このままでは購買力が低下すると思い、FXに手を出しましたが、貴重な元本を減らしてしまっただけでした。また、1ドル=118円でドル転してしまいました。すぐドルが必要だったわけではないので、そんな事をする必要はありませんでした。為替が気になるのは仕方無いですが、本当に必要な時や円高を待ってドル転すべきでした。本当に必要な時に円安だったら諦めれば良いだけです。どうする事も出来ないことなので。

◇今年の投資方針
①ドルコスト平均で毎月買付
②200日移動平均線付近まで下落したら多めに買う
③VYMとHDVの比率を1対1程度にする
④必要な時だけドル転する

①②
毎月だいたい同じくらいの額を買付けます。現在年間30万円回せますので、月に2~3万円です。また、今年の相場を振り返るとちょっとした○○ショックで200日移動平均線付近まで下落し、短期間で戻ってくることがわかりました。平均購買単価を下げるため、こういう時はちょっと多めに買います。200日移動平均線を使った売買手法はグランビルの法則があります。
f:id:takeboww:20161231230237p:plain
完全にグランビルの法則に則らないのは、気分の問題です。年に何回か購入の機会があるかもしれませんが、毎月購入しないとそわそわします。また高値掴みしても嫌な気分がするので、組み合わせてみました。SBI証券のNISA口座なら、ETFの買付手数料は無料ですので、少額からでも手数料を気にせずに買付できます。

③私は将来のインカムゲイン目当てで投資してます。高配当ETFに今から投資し、口数を増やす戦略です。1つだけだと、上昇相場で買付する際、高値掴みしている気分がするので、比率を一定にするという名目で、自分を納得させるのが狙いです。基本的には同じような動きをしますが、たまに違う動きをするので、より割安な方を買った気分になれると思います。

④ドル転は慎重に
買付余力が500ドルを切ったらドル転する事にします。一回のドル転は25000円程度にします。自分が円高だと思っても、50000円を限度にします。為替はやはり気になるので、ルールで強制して諦めるようにします。

まとめ
今年はルールをしっかり決めて、ルールに従って投資したいと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村