たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

持株会積立金額変更

◇売り時が近いので口数変更
持株会の積立口数を5→1に変更しました。
今回の決算は増益、増配、見通しの上方修正と完璧でした。
PERは22倍→13倍と一気に低PERへ。配当利回りも2%台中盤から3%台後半に上昇しました。そして、株価も10%以上上昇。
短期的には買われ、年末にかけてドル高も進み、あと10%くらいは上がるでしょう。

勤務先はシクリカルな業種です。
シクリカルな銘柄は低PERになったら売り、高PERが買いです。
増益により低PER&増配→PERや配当利回りが市場平均をやや超えるくらいまで買われる。
ここが最高の売り時です。残念ながら単元数に達していないので、売る事ができません。

値嵩株なので、単元数に達するまで買うには大きな額がいります。
今の株価水準だと、毎月の積立可能額で単元数に達するまでは10年以上掛かります。
あと2~3年で下がる事は分かっているので、平均取得単価を上げないため、口数を減らしました。
変更後の口数では1年経っても、1株も買えないので取得単価はこれ以上上がりません。奨励金と配当がたまるだけです。
減収、減配したら口数を増やします。
リーマンショック以降、円高で4年程度ボックス相場でした。
また、ITバブル崩壊でピークの1/6、リーマンショックで1/3程度調整しています。
その時の価格水準なら、月1万円程度積み立てれば4年で単元数に達します。
そこまでの大暴落は無いかもしれませんが・・・。今の株価から半分程度の調整はあると思います。

リスク管理は重要
東芝持株会をやっている人は悲惨な事になっているはずです。
株価が10年で1/5です。
f:id:takeboww:20170511182932p:plain
持株会奨励金なんて10%程度しかもらえないので、東芝持株会をやっている人は明らかに含み損です。
リスク回避手段としては欲張らずに利益が出ているなら売る事です。
僕も利益が出ているので売りたいのですが、単元未満なので、それができません。
予防策としては「平均取得単価をこれ以上上げないこと」くらいしかできません。
持株会は奨励金がもらえるので、メリットもありますが、ハイリスクです。
コントロールできない事を気にしても仕方ないので、コントロールできることをやるしかありません。
もっと買っておけば良かったで後悔する方が、高値づかみの含み損よりマシです。
リスクをとらないリスクもありますが、持株会に資産形成の全てを委ねるのは間違っています。
持株会に求める事は、奨励金と配当の利益だけです。これだけで十分。
世界有数の大企業に上り詰めて、株価が爆上げするかもしれませんが、それは幻想です。
能力の低い社員を簡単に解雇できる米国企業。法律で正社員を簡単に解雇できない日本企業。
残業する奴は無能という価値観がある米国企業。非効率な働き方、精神主義で不要な残業代を多く出している日本企業
どうやっても米国を追い抜く事はできないので、持株会に過剰なゲインを求めるのは無理があります。

資産形成の大部分は米国ETFに任せて、持株会はほんの少しのリターンで我慢しましょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

国別・地域別ETFがマイブーム

◇個別株投資を下っ端サラリーマンが極めるには無理がある
下っ端サラリーマンにはビジネスの経験が乏しく、財務表もよく読めません。
特に工学系なので、経理もわからないし、設計で工場にずっといるので、外からの情報も入りにくいです。
そんなわけで、個別株投資よりも国別あるいは地域別ETFに投資した方が簡単だし、リターンも良いのではと思い始めました。

f:id:takeboww:20170510183536p:plain

◇国別ETFを選択する際の基準は

PER、PBR、分配金利回り、外貨準備高、貿易収支

この程度です。これはすぐに調べられるし、理解するのも難しくありません。
PERやPBRが低く、分配金利回りが高く、外貨準備高が増えていて、、貿易収支が黒字あるいは黒字へ向かっている国を選ぶ。
基準もわかりやすいし、簡単です。ちなみにアメリカは経常収支が大幅赤字ですが、心配不要です。自国通貨が基軸通貨のドルなので

日本で買える国別ETFで注目しているのは、以下のETFです。

■韓国(EWY)
PER:12.71
PBR:1.09
分配金利回り:1.20%
経費率:0.64%

■中国(FXI)
PER:11.35
PBR:1.27
分配金利回り:3.72%
経費率:0.74%

シンガポール(EWS)
PER:14.92
PBR:1.30
分配金利回り:6.13%
経費率:0.48%

■マレーシア(EWM)
PER:16.79
PBR:1.30
分配金利回り:8.41%
経費率:0.48%

また地域別で注目しているのは以下です。
■アジア・パシフィック(日本を除く)(オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール
PER:16.88
PBR:1.66
分配金利回り:4.29%
経費率:0.49%

■欧州(VGK)
PER:25.76
PBR:1.84
分配金利回り:3.03%
経費率:0.1%

■米国以外の先進国(VEA)
PER:21.58
PBR:1.61
分配金利回り:2.71%
経費率:0.07%

特に韓国は割安に感じます。金利も低めです。
上昇余地はかなりあるでしょう。北朝鮮による地政学リスクでもう一度下がったときが狙い目です。
シンガポール・マレーシアの分配金利回りの高さも魅力的です。
PERも15倍程度と普通です。

中国も割安ですが、イールドカーブがかなりフラットになっています。
景気後退感から市場より資金流出していますが、GDP成長率の低下は底をうった感があります。
ここで買うのは勇気が要りますが、見返りは大きいでしょう。

f:id:takeboww:20170510183135p:plain

アジア・パシフィックは半分程度が豪州です。
ジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」において、株式リターンが米国以上だったのは南アフリカと豪州でした。数少ない豪州を中心に投資できるETFです。

ヨーロッパはフランス大統領選挙前に買えていれば良かったですね。
PERがやや高いですが、時価総額の大きいイギリスの石油株、金融株がPERを高めているだけです。
例えば、RDS,BPなどは実績PERが40倍以上です。
またHSBCは実績PERが130倍と異常値です。
フランス、ドイツのPERは16倍程度とそこまで割高ではありません。

VEAも良いと思います。
日本、イギリス、カナダ、ドイツ、フランス、スイス、オーストラリア、韓国、香港、スウェーデンの順に組み込まれています。

イギリス、オーストラリア、スイス、カナダはややPERが高いです。
上から、イギリス:26.5、オーストラリア:25.8、スイス:20.9、カナダ:19.9です。
スイスはネスレ(生活必需品)、ノバルティス(製薬)とディフェンシブなので、PERは高めです。

イギリス、オーストラリアは金融、エネルギー、素材が多いです。
金利原油安、コモディ価格低下で高PERになっています。
しかし、業績は回復し、PERは低下すると思います。原油価格は昨年より回復しているので。
金融はまだ厳しいかもしれませんが。

一方、日本、ドイツ、フランス、韓国、香港、スウェーデンはPERで見ると割高ではありません。最高でもスウェーデンの16.2倍です。
日本、EU、韓国は政策金利が低く、企業にとってはプラスです。また、ドル高により輸出企業の業績も伸びそうです。
日本株にドルで投資する意味はありませんが、欧州と韓国を同時に含むETFはこれしかありませんでした。

参考までにS&P500のデータは以下です。

■S&P500 IVV
PER:21.4
PBR:3.00
分配金利回り:1.98%
経費率:0.04%

流石の経費率です。PERは米国以外の先進国と同程度ですが、分配金利回りがやや低くなっています。
ドル高で米国企業の業績が伸び悩んでいき、米国以外の企業の業績が伸びていきそうなので、
ここ1、2年は米国以外に目を向けても良いのではないでしょうか?

投資先を米国に絞る必要は無いので、今から伸びる思う地域にオーバーウェイトしたほうが合理的です。
BUY&HOLDは米国が良いと思いますが、HOLD縛りをする必要は無いのだから。
(まだ買ってませんが、いずれIVV or VTIは買います。これらのETFはHOLDしますけどね)

ブログタイトルが誰でもできる米国株投資だったのですが、
だんだんインデックス投資に傾倒してきました。

米国株ブログをやっている人は
インデックス投資→米国高配当株
というスタイル変化の人が多いです。

僕の場合、
インデックス投資→米国高配当株→インデックス投資

インデックス投資に回帰しつつあります。

マクロ経済の動きからは逃れられないのだから、それに乗った方が得策な気がしてきました。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

歴史ゲーム CIV4で学ぶ なぜ日本企業が世界から取り残されるのか

◇Civ4とは
一言で言えば、歴史シミュレーションゲームです。中々奥が深いです。
帝国の指導者となり文明を運用します。

f:id:takeboww:20170510181808j:plain

勝利方法はいくつかあります。

・征服勝利:全ての文明を滅ぼす、属国化する⇒軍事力による勝利
・制覇勝利:陸地の大部分を支配する⇒軍事力による勝利

・宇宙勝利:地球外移住プロジェクトを成功させる⇒科学力による勝利
・文化勝利:3都市を世界的な文化都市に育て上げる⇒文化力による勝利

・外交勝利:世界的な指導者として、各国の信任を得る⇒外交努力による勝利


このゲームの肝はマネジメントです。
限られた帝国のリソースを勝利に向けて管理しないとAIに勝てません。
特に高難易度になると、余計な事にリソースを振り向けるとまず勝てません。


◇AIは自分達の半分のコストで軍隊を増強でき、2倍の速度で人口が増大する
高難易度になるとAIにボーナスが付き、プレイヤーに対して大きなアドバンテージを持ちます。
AIと同じ事をすると勝てません。取捨選択が必要です。
科学技術による勝利を目指すなら、軍隊は必要最小限に保ち、国力の全てを先進技術取得に費やします。
このゲームに勝つためには、今、最も必要な事のみに注力し、2番目に必要なものは切り捨てる必要があります。

例えば、領土拡大のための最初の戦争では、軍隊の増強が第一です。この戦争に勝たなければ未来が開かれない。
そういった戦争です。金融施設など作っている暇は無く、軍隊の増強が必要です。
また、工業力を向上させる施設に工場がありますが、今すぐ軍が欲しい時に工場は作れません。
10ターンで工場を作り生産力を1.25倍にするより、10ターンでカノン砲を10門作る方が大事です。
工業力を示す単位がハンマーなのですが、今の工業力100ハンマーと未来の工業力125ハンマーだと、今の100ハンマーの方が価値が高いのです。
これはインフレの概念が分かっていないと理解できません。
そして、投資も理解する必要があります。

10ターンで工場を作って、生産力を1.25倍にした場合
元々の生産力が100で、工場設立後が150ハンマー。
10ターンで1.25倍なので、2.2%/ターンの成長です。

一方、10ターンでカノン砲10門作り、10ターン掛けて領土を2倍にします。
帝国の生産力は20ターンで2倍になります。帝国の工業力が100ハンマーだったとして、戦争後200ハンマーになる。
20ターンで2倍なので、3.5%/ターンの成長です。

「今あるリソースをどこに集中させれば、将来の国力が最も大きくなるか」を常に選択するゲームです。
高い管理能力と高度な投資判断が必要になります。

◇アメリカはやはり金融先進国だと感じる
PCゲームでさえこのような高度な管理能力と投資リテラシーを要求されます。
別に専門用語を知らなくてもやっている事は同じです。
アメリカの金融先進国としての力を感じます。


◇日本企業がダメな理由は
とにかくマネジメント力が低いという事です。
CIV4に当てはめると、一番必要な物が軍隊なのに、工場を作っている状態です。

1番必要な事を先に終わらせるべきなのに、2番目に必要な事、3番目に必要な事も並列にやることを要求されるので、案件がなかなか進まない。

これやる意味あるのか?と部下に思われたらダメです。
また、いずれわかるとか、考えろはマネジメントを放棄しています。
なぜなら、やる意味を理解させるのがマネージャーの仕事だからです。

◇人が変わらなければ、組織は変わらない。
バブル崩壊までは、必要だと思う事を全部やれば良かったかも知れません。
人口増加で内需は拡大していたし、世界と勝負する必要もありませんでした。
インターネットが無いため、情報の伝達スピードが遅く、技術的なリードは長く保たれていました。
しかし、今はその方法では負けます。インターネットで情報が瞬時に世界中に拡散されます。
技術的なリードは一瞬にして無くなり、安い労働力に駆逐されます。
バブル以前とは全く違った世界になったため、バブル以前の方法では稼げなくなったのです。
でも、他の方法を知らないから、いつまで経っても非効率な組織のままなんでしょうね。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

これからは米国以外の先進国が伸びる

フランス大統領選挙が終わり、世界的にリスクオンモードです。
フランス大統領選挙前に欧州ETFを買わなかった事を後悔しています。
さて、今年は米国以外の先進国にオーバーウェイトしようと思います。
といっても、NISAの残り枠が少ないので、あんまりオーバーウェイトできませんが。

まずは以下のグラフをご覧ください。
主要先進国株価指数です。また新興国代表として中国も載せています。

f:id:takeboww:20170509131459p:plain

ITバブル崩壊後の2002年を1としています。

ドイツが一番伸びています。
ユーロ導入で一番得したのはどいつだ?ドイツです。

株価指数は現地通貨建てです。
ドル建てで見るとアメリカ一強に見えます。
例えば、EWGはドル建てのドイツETFです。やっとリーマンショック前の高値を追い越したように見えます。

f:id:takeboww:20170509132141p:plain

しかし、ユーロ建てで見ると2012年にとっくに抜いています。これはユーロ安のためです。
通貨戦争の勝者は明らかにドイツです。
統一通貨ユーロの歪みがこのグラフから分かります。

さて、米国以外の先進国が伸びると考えている理由は以下の2002~2007のグラフを根拠にしています。

f:id:takeboww:20170509131702p:plain

米国が先行し、イギリス、日本、フランスが遅れて追従しています。
最終的にはS&P500にほぼ追いついています。

さて、次は2012~2016のグラフを見ます。

f:id:takeboww:20170509131834p:plain

日経平均が超優良指数に見えますが、2012年まで日本にとって最悪の状況が続いたのでその反動です。
リーマンショック前と同じ事が起きると仮定すれば、ここからイギリス、フランスがS&P500に追いつく。
そして、上海が爆上げした後、リセッションに入る。

欧州の主要指数がS&P500に追いつくまでは、欧州にオーバーウェイトしたいと思います。
具体的にはVGKに投資しようと思います。経費率の低さが魅力的です。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

日本人こそリスク資産は外貨建てで持つべき

日本人こそリスク資産は外貨建てで持つべきです。
ドルベースで見たとき、日本円は株式と逆相間の関係にあるためです。
これは円がリスクオフ通貨であることに起因します。
株式暴落時には、ドルベースで考えると、ただの普通預金が超優良資産に変貌します。


保有資産をドルベースで考えると
私の場合だと、概算で以下のようになります。

リスク資産:1万ドル
無リスク資産:100万円

ドルベースで考えます。1ドル110円なら

1万ドル 52%
0.9万ドル 48%

リーマン級の暴落が来た時、1ドル80円、株式-40%となるので、

0.6万ドル 32%
1.25万ドル 68%


上の例の場合、円建てだと、-30%の大暴落になりますが、ドルベースでは4%程度の下落に収まっています。

我々は日本円で給与をもらい、日本円で物を買うので、円建てで資産を見る癖がついています。
生活資金は円建てで見るのが正しいと思います。
しかし、基軸通貨はドルなので、長期的な資産運用という面ではドル建てという視点も必要と感じます。
ドル建てで見るとまた違った視点で見れます。

上の例では、株式暴落時に、無リスク資産の円が勝手に暴騰します。
金融資産の殆どがドルという投資家には何の意味も無い考察ですが、
私のように、始めたばかりで、円建て資産が多いと意味のある考察になります。
暴落時に逃げ出さずに、精神を保つという意味では。
また、本当に必要な時だけ、ドル転するのが良さそうです。
ドルベースで見たときに、株式と逆相間の資産を持つ円キャッシュは分散という意味で役に立ちます。
逆に、ドルのキャッシュは多く持っていても意味が無く、
さっさと有価証券や金などインフレ耐性のある資産に変えたほうが良さそうです。

◇まとめ

買い付け余力は円で持っておく。
暴落時は買い付け余力を含めてドルベースで考えると、気が楽になるかも。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

固定費削減大作戦

◇節約は固定費削減が一番の近道
会社は不景気になると残業規制を出して残業代を減らそうとします。(ホワイト企業なら)
ブラック企業は最初から出していないので関係ありませんが。
会社の費用には固定費と変動費があります。変動費は好景気になると増えます。
例えば、製造費は出荷台数が増えれば当然増えます。
でも、固定費は景気に左右されません。人件費は従業員をリストラしない限り減りません。
なので、固定費の削減は強い財務体質を作るためには必須の行為です。

f:id:takeboww:20170501130126j:plain

◇我が家における固定費を削減
光熱費、保険料、通信費が固定費に当たります。
光熱費は九電が一番安いようなので、変更なしです。
通信費は夫婦共に格安スマホなので、これ以上削れません。

よって、削る余地があるのは保険料となります。
金融リテラシーの低い時に入ったものもあるので無駄があるはず。

収入保障(生命保険)→住宅ローンの団信代わり
生命保険(グループ)
医療保険(グループ+民間)
がん保険(民間)
三大疾病保険(グループ)
自動車保険(2台分)

必要
・収入保障
自動車保険

この2つは必要です。
収入保障は生命保険の1種です。自分が死んだら、毎月一定額、家族に保険金が支払われます。
一気に何千万円支払われても、資産運用の知識が無いと、どうにもできないので、なかなか良いと思います。
ちょっと保障額が大きい気がしますが、今の手取り月収と同程度の保障なのでちょうど良いのかもしれません。
遺族年金は教育資金として使えば良い気がします。
遺族年金は月14万円程度なので、18年間で3000万円。こども2人とも国立大学に行くとしても、幼稚園~大学卒業まで3000万円くらいは要るでしょう。

車社会なので、車が2台無いと不便すぎて生きていけません。
ということで、自動車保険は必要です。
車両保険は外しても良いかもしれませんが。

不要
生命保険(グループ)
医療保険(グループ+民間)
がん保険(民間)
三大疾病保険(グループ)

これらは全て不要という結論に達しました。

グループ保険は500万円程度の掛け金です。自分が死んだら学費に回そうかと思いましたが不要ですね。
遺族年金と収入保障で賄えそうです。
どうしても、保険を掛けたければ、財形貯蓄でどうにかなります。200万円入れれば、この時点で1000万円の保障です。
しかもお金は出て行かず、逆に利息が付きます。景気が良い今の内に、財形に突っ込むべきです。
あと奥さんの保険ですが、奥さんの分もいらないですね。
奥さんが無くなったときに、はした金をもらってもどうにもなりません。

医療保険
うん、いらない。僕が入院する理由が見当たりません。
BMIは19と健康的だし、視力以外は不健康なところはありません。
(視力はいつも引っかかります。左1.2、右0.4と偏っているからです。)
そもそも、生活防衛資金とは不測の事態、ケガや入院したときのためにあります。
日本の医療制度なら、月9万以上の支出にはなりません。
また、傷病手当で給料の2/3は収入が確保されます。
勤め先にGPLD制度も導入されたので、傷病手当の期間が過ぎても給与の半分は入ってきます。
よって、医療保険は要らないでしょう。

がん保険/三大疾病
これもいりません。
第一、がんになったとき300万円というはした金をもらって何になるのか・・・。
また、自分の生活を見直したとき、がんになる可能性は極めて低いです。

ウェストサイズは67センチと、メタボは無縁です。
休日は良く寝ています。10時間は平気で寝ています。
早く帰った日は早く寝ています。10時半~7時半まで寝ている。
食事は妻の料理が中心。野菜もとっているし、たんぱく質も多い。特に脂っこい訳でもない。
たばこも吸わない。
酒もあまり飲まない
この状態でがんになる可能性は低いです。

よって、保険をリストラします。

生命保険(グループ保険) :2480円
医療保険(グループ保険) :1212円
医療保険(民間) :2037円
三大疾病(グループ保険):780円
がん保険 :2140円

合計:8649円

さようなら、保険。
こんにちは、僕の8649円。

無駄遣いしたら意味無いので、浮いた分は財形に突っ込みます。
財形は暴落がきたら、ある程度解約して、株に突っ込みます。
それまでは強制貯蓄手段+保険として使用します。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

持株会・・・!

◇持株会のリターンが驚異的

決算発表後暴騰し、持株会の奨励金と配当再投資も含めて、+48%のリターンになりました。

米国株は+2.4%ほどのリターンです。
だいぶ上がった後に買っているから仕方ないのですが。

ABBV、XOMが含み損。
VYM、HDV、KO、QCOM、EWMが含み益状態です。

ドルコスト平均法で積み立てている持株会に負けると嫌になりますね。
まぁ、持株会は奨励金が出るから、株価変動が0でもリターンがプラスになるというチートですが。

◇持株会の鉄則は・・・
単元単位になったら売る事です。
含み益で調子に乗ったらダメです。
東芝の暴落を見て、持株会を止めたくなりましたが、
単元単位に達していないので、続けるしかありません。
単元単位にならないと売れないって糞ですね・・・。
米国株なら1株単位で取引できるのに。

奨励金と配当、この2つで利益を得る事が目的にしています。
キャピタルゲインはあったら嬉しいな。程度。
売らずにずっと持っておくのは分散投資の観点から危険です。
景気敏感株が多い日本企業の株はBUY&HOLDに向きません。
単元単位に達していて、利益が出ているのなら売って、BUY&HOLDに適した企業の株に交換してしまいましょう。
自分の勤め先にキャピタルゲインまで期待するのは虫が良すぎます。
ほどほどの距離感が適切だと考えます。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村