たけぼうの20代からの資産形成術

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

積立NISAの記事を読んで①

◇必死だなと思った
セゾン投信の中野さんとレオスキャピタルの藤野さんへのインタビュー記事でした。
http://toyokeizai.net/articles/amp/162027?display=b
積立NISAの対象がインデックスファンド(直販は除く)ということで、必死だなぁと感じました。

◇おさらい
レオスキャピタルと言えば、ひふみ投信です。ひふみ投信は数少ない意味のあるアクティブファンドです。アクティブファンドの存在意味はインデックスに勝る事、ただ一つです。設定来のトータルリターンはTOPIXを上回っています。優秀なアクティブファンドだと思います。信託報酬は1.06%

セゾン投信はセゾンバンガードグローバルインデックスファンドが有名です。バンガードのETFを使って、債券:株式=1:1のポートフォリオを組んでいます。各国の組み入れ割合は、時価総額と等しくなっています。絶大な人気を誇る直販投信で、信託報酬は0.74%。設定当初は低コストでしたが、スマートベータ系のインデックスファンドが信託報酬0.6%で買える今では、割高な印象です。ちなみに、アクティブファンドもあります。

◇要約するとアクティブファンドを買えと言いたいらしいが
二人の主張を要約すると、
日本の指数は20年間横這いだが、米国は右肩上がり。理由は、米国は指数構成銘柄の入れ替えがあり、日本はあまり無い。成長性の高い企業が組み込まれないので、日本の指数は上がらない。そんな中で日本の市場平均に連動するインデックスファンドだけ持っていてもダメ。そのような環境下ではアクティブファンドの方が力を発揮できる。
その通りと思える意見ですが、残念ながら、ひふみやセゾンのファンドを知人にはオススメできません。

◇だから、米国に投資すれば良いじゃない。
「日本は横這いで米国は右肩上がり。だから○○だ。」
こういった記事には上のような文章がほぼ確実に出てきますが、○○の部分に「米国に投資するべき」と書いてある記事は見たことありません。米国に投資するのは簡単です。NYダウに連動するインデックスファンドを買えば良いだけです。iFreeNYダウインデックスファンドなら信託報酬は0.23%です。また、ETFという手もあります。IVVなんて、コストは0.04%です。

日経平均TOPIXに勝ちたいなら、日本株のアクティブファンドを買う必要はありません。iFreeNYダウインデックスファンドを買えば終わりです。信託報酬の差は0.75%もあります。100万円なら、コスト差は7500円です。
日本のインデックスが20年以上横這いだから、日本株のアクティブファンドを買えはナンセンスです。

日本株のアクティブファンドに価値を見いだせるのは次のような人です。
ポートフォリオに分散性を上げる意味で、日本株にも投資したいが、日経平均TOPIXではリターンが物足りない
上記のように考えの人のみです。単に高いリターンを求めていて、投資対象国はどうでも良い人は、日本株のアクティブファンドではなく、米国、または、米国株を中心としたインデックスファンドを買った方が絶対良いです。

◇バンガードの名が泣くぞ
セゾン投信はバンガードという名を下ろした方が良いですね。バンガードがETFのコストを下げても、一向に信託報酬を下げません。バンガードのETF購入者でバンガード企業努力の恩恵を受けれない唯一の人達がセゾンバンガードグローバルインデックスファンドの購入者です。購入者はもっと怒った方が良いでしょう。また、たわらノーロードシリーズを組み合わせれば、同じ事が半分のコストで出来ます。もはや、セゾンバンガードグローバルインデックスファンドを買う合理的な理由は無くなりました。

◇コストは購入者がコントロール出来る数少ない要素
コストはコントロール出来る数少ない要素です。合理的な理由が無ければ、コストの高いアクティブファンドや直販系投信を買う理由ぎありません。しっかり検討してから購入しましょう。

流石に自分の送別会は断れない

f:id:takeboww:20170310113345j:plain

◇飲み会への方針
基本的には飲み会に行かない人です。
そう思われるように行動しています。誘っても来ない人を誘わないでしょ?
究極は、欠席でも当然と思われるようになる事です。
行かない理由はいくつかありますが、大きく3つですかね。

①お金がもったいない
②ストレスがたまる
③土曜日の体調に影響があり、貴重な休日を無駄にしてしまう。

会費が無料でも、交通費がかかるので行かない事にしています。
1万円する料亭に「経費で落とすから、2000円で大丈夫!」
とかなら考えますが、基本的に飲み会の食事は、会費が無料でも、交通費を考えると割高です。

流石に行った方が良い飲み会もありますがね。
・歓送迎会(新人とお世話になった人のみ、あんまり関わりない人の場合は行かない)
・取引先に招待された時

上二つの目的ならば行く事にしています。
明確な目的がある飲み会は頻繁にありません。
歓送迎会も1年に3回程度でしょう。
ちなみに、忘年会、新年会は明確な目的にはなりません。
飲みたい人が適当に理由をつけているだけです。

◇流石に自身の送別会は回避できない
このたびに異動になりました。部署は変わらず、Gr(課)だけの異動ですが。
はっきり言って、元のGrに戻りたいので、送別されても困るのですが。
まぁ、しかし、自分の送別会は断れないでしょう。
あぁ、無駄な交通費が発生します。
(とある派遣さんは、派遣終了の際、「送別会は勘弁してくれ」と頑なに断ったそうです。よっぽど嫌だったんでしょうね・・・)

◇プラスに考えろ
良い方に考える事にします。
予定が一つ埋まったので、別の飲み会を断る口実ができたと考えます。

実は4月に、もう一個飲み会が予定されています。もちろん拒否するつもりですが。
上司(飲み会が大好き)が別Grに合同飲み会をしようと持ちかけていました。
で、幹事の人から、二次会で、ボーリング、しかも賭けをしようと。
余計な事を書きやがってと思いました。メールに僕を挑発するような文章もありました。
これで余計断りづらくなるので、怒りのボルテージがあがりました。
ボーリング苦手ではないです。調子の波は大きいですが、200越えも出した事あります。
賭け事が嫌いなんです。負けたら頭にくるし、しかも、金も飛んでいって、余計に腹が立つ。
ボーリングで賭け事なんて、大学生がするような遊びです。
仲の良い友達と、お金に困ってない状況でやるから面白いんであって、
お金に困っている状況で、おっさん達とやっても面白いはずありません。

①自分の会費が無料になる飲み会
②おっさん達と賭け事をやるはめになる会費がかかる飲み会

だれがどう見ても①が良いに決まってます。

以前、今の上司から、「飲み会の幹事を頼まれているのに、なんで開かないのか?」
といわれた時、「月に2回以上の飲み会はしない」と言って「何で?」と切れ気味に言われたので、
「財布と相談したらできないと言われた」といって微妙な空気にしてあげた事があります。
実際、小遣い的も残ってませんでしたので、嘘はついていません。
今回も、②に誘われたら同じ理由で断ります。
聞かれたら答える程度ですが。てかいちいち聞いてくるな、面倒くさい

会社のイベントも結局は労働なのだ

◇会社は金づるでしかない。
労働者は労働の対価としてお金をもらいます。もちろん、意味ある労働をしないと給料泥棒ですが。基本的に会社と労働者の関係は金です。労働(時間)を提供して、対価として、給料をもらう。要は金づるでしかないのです。

◇なんでやねん
ある年から、僕の大好きなソフトボール大会が無くなり、代わりに運動会が試行されるようになりました。運動会の開催目的は、「今の体制ではなくなるため、最後の記念」という事だったのですが、結局、体制は維持され、開催目的が無くなりました。しかし、運動会はそれ以来、毎年あり、ソフトボール大会は開催されなくなりました。
f:id:takeboww:20170310113712j:plain

◇結局、全ては、その時間の価値
会社のイベントは給料の出ない労働です。時間を奪われるわけですから。なるべく、行きたくないですが、自分にとってメリットがあるなら行きます。全て拒否しているわけではありません。
「その捧げた時間に対して、相応の対価を受け取っているか」
これにつきます。

うちの会社では1人1万円まで、何かイベントで使って良い事になっています。
一昨年は野球を見に行きましたし、去年は家族でパン作り体験をしました。
自分が提供した時間に対して、相応の対価を受け取っています。金額ベースだと、時給と変わらないか時給より安いかもしれませんが、悪くない取引です。

ソフトボール大会も参加します。
同期のチームで出るのですが、同期とソフトボールをするなんて1年に数回しかありません。普通にやれば、会場を借りるのもお金がかかりますが、会社が借りれば、手出しは無しです。午前中に始まって、昼過ぎに終わります。準備から計算すると、6時間くらいです。弁当がでるので、還元は500円程度。(会場の費用は大人数なので、ほとんど無視できるとして、計算に入れていません。)
時間単位で割ると、100円満たないですが、それ以上に、ソフトボールをするのが楽しいから良いんです。
ソフトボール大会に参加している時間は、僕にとっては、時給より価値があるのです。

一方、会社の運動会ですが、芸能人を呼んだりするので、400万円程度かかっているそうです。社員は約2000人なので、一人当たり、2000円です。
9時くらいに始まって、15時くらいに終わるので、時間換算で333円です。
まだ若いので、「競技に出ろ出ろ」言われますが、拒否!
なぜ、おっさん達が楽しむために、貴重な休日を浪費せねばならんのだ。
野球観戦、パン作り体験、ソフトボール大会は、満足感という意味で、時給以上の対価を受け取っていると思えます。
おっさん達が楽しむために、自分の時間を犠牲にする事に、何もプラスの意味を見出せません。
そして、対価はたったの333円/時。というか自分は芸能人が来ても見ないので、それ以下です。
そんな取引は拒否!空気が読めない?知るか!
業務時間外の時間の決め方を決めるのは本人であって、あなたではない。勘違いしすぎです。

◇全てGive&Take
なんでもそうですが、会社勤めはボランティアではないので、時間を提供すれば、相応の対価をもらって当然です。
格安で人の時間を奪う、そんな一方的な取引は拒否します。ただ、それだけの事です。

コカ・コーラを飲みながら考えたこと

◇無性にコーラが飲みたくなる時ない?
f:id:takeboww:20170301185241j:plain
僕は子どものころは炭酸飲料が苦手で、
爽健美茶とかアクエリアスとか飲んでました。

大学進学後から、たまにコカコーラ飲むようになりました。

コカ・コーラ株について調べていたのですが、コーラがだんだんコーラが飲みたくなってきたので、つい買ってしまいました。

◇一度築いたブランドの強さ
このように無性に飲みたくなるのが、一度築いたブランド力の強さです。
爽健美茶アクエリアスは、僕が子どもの頃からあります。
うちの子も爽健美茶が好きです。
ペプシコーラもおいしいと思いますが、コーラはやっぱりコカ・コーラです。

僕が子どものころ、恐らくパンパースをしていたと思いますが、自分の子どももパンパースでした。(今はまみぽこですが)

生まれて初めてつけるオムツはパンパースでしょう。
病院で最も多く使われているのがパンパースだからです。

一度築いたブランドは世代を超えていきます。

◇シニア世代は、生活必需品の高配当株だけに投資しておけば問題ないかも
当然かもしれませんが、P.GやKOは売り上げが景気に左右されません。
景気に関係なく、こどもは生まれてくるし、飲み物は飲むからです。
株価は変動しますが、配当は変わりません。
なぜなら、配当の源泉である利益は変わらないから。

僕はまだ若いので、キャピタルゲインも欲しいですが、
50、60で資産を築いている人はインカムだけで良いかもしれません。
リスクを負う必要が薄いからです。
配当再投資しなくても、単利3%で運用できると考えれば、全然有だと思うのです。
今の定期預金の金利は、0.12%が最大です。
単利3%に勝つには、25年かかります。

また引退間近の世代は、大きな支出が生じる事がありません。
こどもは社会人になっているでしょうし、
50~60代ならまだ体は動くし、医療費もそこまでかからないでしょう。

こういう世代は、大量の貯金を銀行に預けておくよりも
高配当株に投資したほうが良いのではないでしょうか?
すぐに使うお金ではないなら、現金で持っておく必要がありません。
高配当株に投資して、配当でちょっと贅沢してください。
もちろん、配当を再投資して、複利で運用した方が良いですが。
また、70代になって、お金が必要になったら、必要な分だけ、株を売れば良いだけです。

◇シニアの皆さん。投資して下さい。
お金を持っているシニアの方は銀行に預けて眠らせないで、市場に還流させて欲しいです。
利子にも配当にも税金がかかりますが、0.12%の20%と3%の20%じゃ、全然違います。
別に税金取られても良いではないですか。自分が稼いだお金が減っているわけではないんだから。
シニア世代の方は是非投資をして欲しいです。
投資=キャピタルゲインのイメージが強いですが、インカムゲイン狙いの投資で良いんです。
税収が増えれば、現役世代の負担が減ります。
投資は自分のために行うものですが、間接的には国家のためにもなります。
そして、子どもや孫のためにもなるのです。

オーストラリア戦感想

◇昨日と違って投手戦
今日はロースコアの試合になりました。日本の永遠の課題が浮き彫りになりました。

◇今日程度のパワーピッチャーを打あぐねているようでは厳しい
日本の苦手な、ムービング系のパワーピッチャーでした。しかし、今日の投手はムービングも球速も、MLBの投手ほどではありません。球速も145キロ前後、ちょっと動いているかな程度です。ドミニカ、ベネズエラの投手は球速は150キロを越えてくるし、球ももっと動きます。ムービング対策は日本打線の永遠の課題ですね。引きつけて、強いスイングで捉えるしかありません。引きつけすぎると、振り遅れの恐怖がありますが、振り遅れを恐れて、ポイントを前にすれば、思う壺です。また、緩急にも弱くなります。筒香選手が初回振り遅れ気味の三振をしていましたが、前で引っ掛けるより、よっぽど良いと感じました。

◇ファーストストライクをもっと振って欲しい。
ボール先行から、簡単にストライクを取ってきました。日本も簡単に見逃していましたが、見逃さずに仕留めて欲しい。MLBの一流の打者ならホームランで仕留めています。ホームランでなくても良いから、ヒットにはして欲しいですね。特に切れの良いムービングを投げる中南米と戦う際は、甘いファーストストライクで仕留めないと、打つ球が無くなります。

◇菅野投手は流石のピッチングだったが
ドームランで失点してしまいましたが、コントロールが安定していて、危なげのないピッチングでした。

右打者に対しては、インコースに食い込むツーシームと外に逃げるスライダーを上手く使って、的を絞らせない投球でした。

左打者はひたすら、インコースを付いて、最後はバックドアや、高めのストレートでした。今日のピッチングなら、中南米相手でも通用するでしょう。
しかし、5回はスライダーの切れが落ち、球数を費やしてしまいました。
球数を減らす鍵はツーシームだと思います。
特に左打者に有効です。右投げの投手が左打者に対して投げれる数少ない外に逃げる球だからです。
外に逃げるツーシームアウトローに投げて、セカンドゴロが欲しい。
三振を取りたい時は、フロントドアも使う。
スライダーだけでなく、ツーシームも決め球で使えれば、相手はお手上げでしょう。

◇本戦を見据えて、手の内をあかさなかったとしたら、すごすぎる。
野投手には、フォークもありますが、使いませんでした。右打者へのツーシームもコントロール出来ていたので、左打者へフロントドアに使おうと思えば、使えたはずです。
ストレート、スライダー、カーブだけで、左打者を打ち取ったのは、手の内を明かさないためだったのかも。それだと凄すぎます。本戦では更にレベルの高い投球を見せてくれるかもしれません。

◇次は中国戦
二勝しているので、精神的にだいぶ余裕があるはずです。今まで使ってない選手を使ったり、今でしか試せないことをやって欲しいですね。

キューバ戦感想

◇まずは勝って良かった。
初戦を勝利で飾れたのは幸先の良いスタートでした。
しかし、色々と課題の多い試合でした。

◇日本の4番は筒香選手しかいないと思った。
筒香選手は本当にいい所で打ちますね。
先制タイムリーもそうですし、7回裏のHRもそうです。
特に7回裏は、キューバの追い上げムードもあるし、
二死一塁と、どうしても一発が欲しい場面でした。
高めの球を見逃さず、期待通りに仕留める。
素晴らしいです。

◇筒香選手は、技術的に一人抜けている
日本人打者はポイントが比較的前にあり、動く速球への対応が課題です。
しかし、筒香選手はポイントが後にあり、ぎりぎりまで引き付けています。
スイングスピードが速いからできるのですが。
(次点で坂本選手でしょうか、去年からポイントが後ろになっています。
2人とも打てないときでも四球はきっちり選ぶ、出塁率の鬼です。
ポイントが後にある選手は、見極め時間が長く、選球する余裕があるので、四球が多くなります。)

◇センターラインの守備は非常に安定していた。
二遊間の守備力は、キューバとは比較にならないレベルでした。
菊池選手、坂本選手とも守備範囲が広く、肩も強い。
初回の併殺も、7回の併殺もこの2人でなければ、取れていないでしょう。
また、センター青木選手も安定していました。
MLBでは近年、守備範囲の縮小が指摘されていましたが、
流石はメジャーリーガーといった感じで、いいところでのファインプレーが目立ちました。

◇課題はリリーフ
抑えは牧田選手で行くのか、秋吉選手で行くのか。
今回は牧田選手となりましたが、抑えは決めておいた方が良いのでは。
プルペンで肩を作るタイミングが読めないと、選手も準備しにくいでしょう。
また、先発が長いイニングを投げれないので、必ず継投する必要があります。
解説の原さんの話もありましたが、7回、8回、9回のリレーはあらかじめ決めておく必要があります。
今は、予選なので、見極めしている段階なのでしょうが、第2ラウンドまでに決めて欲しいものです。
とにかく、継投は試行錯誤しているという印象を受けました。

◇今日はオーストラリア戦
先発はエース菅野選手でしょう。
ロースコアの試合は自チームで慣れているはずなので、心配ないでしょう。
できるだけ早く点を取って、楽にしてあげて欲しい。

金銭感覚についていけない

◇飲み会なんか拒否
世の中で最も馬鹿らしい出費は楽しくない飲み会の会費です。なので、一番出席者が少ない日に○を付け、あとは全部×にしました。こうすることで、予定が合わない感を醸し出せるはずです。
f:id:takeboww:20170304015849p:plain

◇米国株オフ会の記事を見て思ったこと
いつも、見ているたぱぞうさんのブログを見ると、オフ会があったそうです。会費はなんと1900円。素晴らしい。皆さん、総資産は1000万円をゆうに超えているだろうに、1900円で済ますなんて。資産を築く人は金銭感覚が優れていると感じました。

◇おかしいのはどっちだ?
40歳前後で投資もしない普通のサラリーマンは、年収は1000万円以下だし、貯金も1000万円未満でしょう。まだ、住宅ローンもあるだろうから、債務超過かもしれません。そんな財政状況の人が一夜に1万、2万と浪費するなんて、僕の感覚では有り得ない。
ましてや、僕は20代で収入も少なく、子どももいます。実家も遠方にあるし、まだ子どもは小さいし、共働きは難しいのです。よって、月々はぎりぎりです。子どもが大きくなるにつれて、教育費がかかるのはわかっているので、貯金も必要です。要は、一銭たりとも無駄には出来ない状況です。あんまり乗り気じゃない物に、お金を費やす余裕はないのです。

飲み会に行かない方がおかしいんでしょうか?この財政状況で飲み会に行く方がおかしいと思うのですが。

◇一番嫌なのは
一次会だけならまだマシです。会費+交通費で、6000円弱。もったいないですが、まぁ付き合いも必要でしょう。
でも、二次会行くのが当たり前みたいに思っている人がいます。全力拒否しますが、行かんとノリが悪いみたいな事を言われるのが、一番嫌です。二次会はだいたいキャバクラになるのですが、キャバクラは年収1000万くらいある人が、遊ぶところです。はっきり言って、普通のサラリーマンには身分不相応な場所です。一夜にして、手取りの数%を飛ばすなんて、アホです。

ぼくは老後貧乏になりたくないし、子どもが社会人になったら、仕事を辞めたいとまで思ってます。今ですら、出世ルートから外れて、仕事に関わる時間を一秒でも削りたいとすら思っているのに。そのために、資産運用しています。

◇頼むから察してくれ
月々、ぎりぎりで暮らしている人を飲み会に連れ出そうとするのは間違っているし、行かないとノリが悪いみたいなのも余計なお世話です。
家のローンの返済額と生活経費を考えたら、「この人はお金が無いんだ」くらいわかるでしょう。同じ会社で給料もだいたいわかるんだから。
頼むから、20代の子持ちを、飲み会に連れ出すなんて考えないで。独身でお金に余裕がある人と、一夜にして手取りの数%飛んでも構わないと思っている人だけでお願いします。