読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

パッシブ運用の比率を高めたいと思う

このところ、個別株購入がマイブームでしたが、おとなしく市場平均に連動させるETFを買ったほうが良いと思いはじめました。

f:id:takeboww:20170424190050p:plain

理由はいくつかあります。

保有株が市場平均に負けるとイライラする。
②個別株のリスクをいまいち把握できない。
③プロでも勝てないならおとなしく市場平均で満足するのが賢い

詳細を説明します。

①S&P500が爆上げしているのに、持っている株は上がらない。
これはかなりイライラします。自分は短気なのでなおさら。
こういう状況が続くとおとなしくVTIやIVVを買っとけば良かったと思います。

②個別株のリスクをいまいち把握できない。
事業の継続性、市場の成長性など色々考える必要がありますが、いまいちわかりません。
半導体業界にいるので、半導体の事は良くわかるのですが、その他はよくわかりません。
例えば、製薬業界のABBVを持っています。
この事業が長く続くのか、バイオシミラーの承認がおりたけど、ヒュミラは大丈夫なのか?
など色々勉強する事がありますが、自分の理解を超えています。
買った理由が、配当貴族、利回り3.9%ではダメだと思いました。

③プロでも勝てないならおとなしく市場平均で満足するのが賢い
「市場平均に勝てるなんて思い上がり」だと我ながら思いました。
プロでも2割から3割しか勝てません。プロの相手もプロだからです。
2割から3割という打率と同じくらいです。
どんなに優秀な打者でも4割を打つことは出来ません。打てても3割後半。
コンスタントに3割残せる打者は一流の打者です。
これはバッティングが難しいのもありますが、相手がプロの投手だから簡単には打てないのです。
ボンズ(シーズン73HRの記録保持者、人類史上最強の打者)も
「相手もプロだから、常に練習しないと勝てない」と非常に深い言葉を残していました。
そんな世界で素人が市場平均をアウトパフォームしようなんて・・・。
思い上がりも甚だしい。

以上の理由からパッシブ運用比率を高めたいと思います。
VTIを3割ほど、米国外のETFを2割ほど、個別株を5割ほど。
個別株は理解できる物のみをチョイスします。少しは楽しみがないと長続きしませんからね。
日常触れる事がある銘柄と仕事で関わる銘柄のみにします。これは事業内容を理解しやすいからです。
具体的には以下6つ。これをコア銘柄にします。
銘柄数が少ないですが、大部分は投資金額の大部分はETFに回すのでこの程度でOK。
トレード目的でグロース株を入れても良いですが、HOLDは以下6つにします。

・KO
・JNJ
・XOM
・QCOM
・TSM
・MCD

米国株ブログでまず話題に上らないのがTSMです。
TSMはTaiwan Semiconductor Manufacturing Co 名前の通り台湾企業です、ADRがあります。
時価総額インテルと同じくらいです。
新興国丸ごとよりも、新興国の超優良企業。
その企業が潰れると、国の経済が麻痺してしまう(日本でいうとトヨタ、韓国で言うとサムスン
そのくらいビックで優良企業なら、新興国ETFよりも安心感があると感じました。
(実は著名な公認会計士のブロガーさんにTSMを分析してもらい、
米国優良企業すらも凌ぐ超高収益とお墨付きをもらえたので、購入を決断しました。)

あとは、新興国ETFです。どこでも良いわけでなく、人口が増加していて、割安になっている国を狙います。
今なら、ASEANと中国、韓国です。
この辺は米国の金利を見ながら判断する必要があります。
PERやPBRも重要ですが、分配利回りを重視しています。
ASEAN諸国のETFは分配利回りが高く、基準価格の下落にもある程度耐えれるからです。

今後の方針
NISAの枠が28万円ほどと少なくなってきたので、買うものを吟味する必要があります。
今年はJNJとTSMに仕込むタイミングがあると思います。MCDが一番欲しいですが、下がってくれないでしょうね。
JNJは決算で予想を下回ったので、やや下がりました。
TSMCは台湾なので、地政学リスクなどで中国、韓国と一緒に下がってくれんかな・・・。と思っています。
相場全体ががっつり下がれば、VTIを買いますが、中々買う機会が無いでしょうね・・・。
来年はなるべくVTIを買おうと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

クアルコムを買ったわけ

◇NXP買収の米国承認を得たとの発表
この発表が大きな買い材料でした。
クアルコムは携帯電話用ICチップで独占的なシェアを持っています。
めちゃくちゃ儲かっているみたいですが、それを許さずと各国から訴訟を受けています。
クアルコムは野球に例えるとプルヒッターです。
携帯電話用ICチップという1つの武器で、これまでやってきました。
しかし、スマホも需要を食い尽くしつつある今、包囲網が引かれています。

ホームランをかます以外はシフトの餌になるという状況です。
ここに来てNXP買収というもう一つの武器を手に入れられそうです。
NXPは自動車用半導体で世界TOPシェアです。
つまり、引っ張り専門だったクアルコムはNXPという武器を手に入れ、流し打ちもできるようになりつつあるのです。

f:id:takeboww:20170424183210j:plain

◇このストーリーはあのシーゲル銘柄とそっくり
①訴訟リスクにより株価が下落
キャッシュフローは問題ないため配当利回りは上がる
③配当再投資で株数が増える
④再評価で爆上げ

これはたばこ銘柄の高リターンのストーリーでした。
訴訟リスクで株価が抑えられ、配当利回りが上がり、配当再投資の効率が上がる。
株数が十分増えたところで、株価が上昇、評価額爆上げ。

クアルコムは現在①②の状態です。
配当性向は56%と、増配余力は十分ありますが、配当利回りは4.33%と高配当。
また、17年連続増配中です。

僕としては52ドル付近をうろちょろしてくれて、配当をガンガンだしてくれれば満足です。
再評価は7~8年後を希望します。

あ、でも、45ドルとか更に下がるのは気分的に良くないので、52ドル付近でお願いしますよ。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

高分配なASEAN諸国のETF

◇最近のマイブームはASEAN国のETF

今、注目しているのはシンガポールETFです。

PER:14.48
PBR:1.26
分配金利回り:6.13%
経費率:0.48%

年初来で既に11%のリターンです。

f:id:takeboww:20170423152014p:plain

シンガポールETFはフランス選挙後が狙い目?
シンガポールは欧州からの投資が多いようです。欧州選挙の結果によってはシンガポールETFも大きく動きそうです。
下落したら、絶好の買い場です。
大統領が変わっても、経済への影響は微小で、株価に影響するだけです。アメリカや中国の政治は少なからず世界経済に影響を与えるでしょうが、フランス選挙の影響は微小でしょう。しかも、まだ一回目の選挙では大統領は決まらないのです。
フランス選挙にリスクオフに一旦傾く時が狙い目です。
円>ドル>新興国通貨と為替が動きます。通貨安+株安でドル建て
で見たときに大きく下落するでしょう。

◇少し浮気
ホールドは米国株だけのつもりです。でも、米国株は歴史的には割高水準で、税制改革の期待だけで上がってきたので伸びしろは小さいです。
一方、新興国株はトランプ大統領当選後に売られました。金利上昇を見込んで、資金が米国に集まったからです。でも、利上げは緩やかになりそうです。長期金利は下落しました。インフラ投資もまだまだできない。だって、予算が決まらないから。よって、新興国から資金を引き上げる必要が無くなりました。素直に新興国に投資して、米国に資金が集まる理由ができてから売れば良いと思いました。

ということで、シンガポールETFはウォッチ対象です。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

学資保険やるくらいなら財形やれよ

◇存在意義がもうない。
貯蓄保険をこき下ろしてきた当ブログです。福利厚生で財形がある人にとって、今の学資保険に入る意味は0だと断言します。理由を説明する前に財形、ここでは保険会社の財形について、説明します。

◇財形は3種類
普通財形
・保険金:積立の5倍、上限3000万円
・利息に税金がかかる。

住宅財形
・保険金:積立の5倍
・使用目的が住宅建築、増築などだったら利息に税金なし

年金財形
・保険金:積立の5倍
・年金として引き出さないと利息に税金がかかる。また、途中で引き出すと一時所得扱いになる

住宅と年金は、保険の場合、385万円以上払い込めません。

学資保険の代替となるのは普通財形です。

◇財形が学資保険より優れている点
流動性が高い
学資保険は10年以上、払い続けないと、途中解約で元本割れします。なので、10年以上拘束されます。一方、財形の場合、3年ほどです。財形は学資保険より流動性が高いのです。少し引き出したい時に、引き出せないのが学資保険。引き出せるのが財形です。

②保険金額が高い
同じ保障を得るのに必要な金額が違います。学資保険の満期まで死なない前提で書きます。300万円の保障を得るのに、学資保険なら合計で270万円程度、保険料を払う必要があります。一方、財形の場合は60万円です。財形の場合、途中で積立を止めても構いません。60万円突っ込んで放っておけば、以後保険料無しで300万円の保障になります。固定費のようにお金が出て行くのと、一銭も出て行かないのでは全然違います。

③利率が学資保険より良い
財形の利率は1~1.5%ほどです。
学資保険は良くても1.2%です。
1.5%と1.2%。僅かな違いです。しかし、この0.3%は馬鹿にできません。月12000円積立した時、18年後には9万円違います。

保険機能でも劣り、貯蓄性でも劣る。もう、学資保険の存在意義が見あたりません。
「もうやめて、学資保険のライフはゼロよ」

f:id:takeboww:20170419223616j:plain

◇どう使おうか?
今、掛け捨ての生命保険に2つ入っています。団信代わりに収入保障と、もしもの時の学費用の掛け捨ての生命保険。学費用の生命保険は、財形がある程度貯まれば止めれます。
学費が国立大で合計約240万円、生活費は下宿なら450万円程度でしょうか。合計700万円。3年程度で160万円貯めれば、保険を一つ止めれます。この保険はグループ保険なので、配当を考慮するとかなり割安です。でも、ゼロではありません。同じ保障を得るために、保険料を払うのか、利息をもらうのか。どちらを選ぶべきかは明らかです。学資保険はノーリスクに見えますが、保険会社の倒産というリスクを背負います。それは財形も同じです。なら、利息がもらえて、流動性が高く、資金を逃避させる事ができる手段を選ぶべきです。思考停止で金融商品を選ぶとロクな事になりません。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

金は命より重いは真実

金は命より重い・・・・!

そこの認識をごまかす輩は生涯地を這う・・・・・・!!

f:id:takeboww:20170414201214j:plain

利根川先生の名言ですが、その通りだと思います。大学生の時は前半部分が印象的でしたが、資産運用を始め出すと、後半部分が深すぎて恐怖すら覚えます。

資本論によると、資産家の資産は年率5%で伸び、労働者の資産は2%しか伸びないそうです。資産家は金融リテラシーがあり、お金の重さを知っています。だから、リスクを取ってでも増そうとしています。労働者はお金の重さを知らないから、無駄遣いをし、お金を増やそうとしません。

年率5%と年率2%は大きな違いです。例えば、月8万円、年間96万円積立すると仮定します。期間は30年。5%と2%ではどれくらいの違いになるか。答えは約2700万円です。
金の重さの認識を誤ると、30年で2700万円の差になります。
生涯地を這う。正にその通りではないでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

投資方針迷走中

迷走中です。欲深なので・・・。
米国ETFONLY→米国ETF+米国個別→米国ETF+米国個別+各国ETF

と迷走が続いています。要は我慢強くないので早く資産を増やしたいわけです。
時間をかけてゆっくりお金持ちになるのが最も確実な方法だと思いますが、
やっぱり早くお金持ちになりたいのです。もう28歳です。
35歳で1000万円以上、できれば1500万円くらいにしたいです。
短期トレードは向いていないので、BUY&HOLDと1~3年単位のトレードでなんとかならないか模索中です。

◇BUY&HOLD
・IVV(購入予定)
HDV
・VYM
・KO
・XOM
・JNJ(購入予定)
IBM(購入予定)
・MCD(購入予定)
・PG(購入予定)

鉄板ETFと鉄板銘柄です。
BUY&HOLDは米国に限ります。これは株主利益の保護は米国が最も進んでいるからです。
そして、銘柄は日本人でも良く知っているブランドに限ろうと思います。
世界的に有名でも良く知らない銘柄は安心感がありません。
国産志向の強い日本でブランドが浸透しているという事はそれだけ強いという証明でもあります。
PM(フィリップモリス)も検討しましたが、僕は嫌煙家なので、たばこの事はよくわかりません。
もう少し、勉強したら購入候補に加えます。


◇BUY&SELL
・各国ETF
・ABBV
・その他米国個別株(ADRも含む)

ある程度、利益が出たら売る銘柄です。
各国ETFは今のような局面で威力を発揮すると思います。
米国株に割高感が出て、新興国を中心に割安になっています。PERだけで語っていますが。
リーマンからの回復も米国が一番早く、遅れて欧州でした。
(回復の初動は日本が一番早かったですが、民主党が無茶苦茶にしました。)
米国で余った資金が他の国に流入するのでしょう。
特に米国経済回復→ドル高→米国向け輸出増となるので、新興国は伸びやすい気がします。
インフレが懸念され、資源価格の高騰も予想されます。これも新興国にとってはプラスです。
ドイツも有望です。今のユーロはドイツにとって安すぎると自信を覗かせています。
ということで、米国株が割高で伸び悩む時に、米国以外のETFで儲けられないかという虫の良い戦略です。

ABBVは配当利回りにつられて購入しましたが、利益がでたら売るつもりです。
他のヘルスケア銘柄よりも割安だというのが購入動機でした。
しかし、それは間違っていたような気がします。
他の銘柄よりもリスクがあるから割安なんだと。ここ最近の値動きが正直気に入りません。
XOMやKOもちょっと下がったりします。でも、ABBVの下がり方は荒く安心感がありません。
やはり、リスクがあるから、有事の際の売り圧力が強いのでしょう。

個別銘柄は割安な時に、仕込んで、ある程度儲けたら売るつもりです。
もちろん、なんでも良いわけではなく、VISA、INTC、APPLETSMC・・・といったワイド・モートを築いている銘柄です。
キャピタル狙いです。景気変動を受けやすいので、ある程度儲かったら売ります。
僕の勤め先は景気変動を大変受けやすい企業です。
なので、うちの企業が固定費削減で「残業するな」といっている時が買い時、がんがん強気になってきたら、そろそろ手仕舞いということになります。

ちなみに日本の大型株の購入はあまり考えていません。これには4つ理由があります。
①米国株と買い時がかぶる
②ワイド・モートを築いている企業が少ない。
③株主還元が中途半端
円高が有利になる企業もあるが、リスクオフなので株価は下がる

世界と戦える日本企業は2業種です。
自動車産業半導体製造装置です。どちらも円高が絶好の仕込み時ですが、それは同時に米国株の絶好の仕込み時でもあります。
だったら、米国株買えば良くね?となります。

トヨタ自動車など自動車メーカーはVWなどのドイツメーカーと熾烈な争いをしています。
自動運転、電気自動車など、業界全体も不透明です。ワイド・モートを築いているとはとても言えません。
ワイド・モートとは中世のお堀を指します。堀が深ければ、攻城戦で有利です。防御力があるという事です。
コカ・コーラなんかは篭城するだけで勝てます。もう勝負にならないのです。圧倒的な防御力の前に攻撃側が先に力尽きます。
例えるなら、大阪城を落とすのに、弓と刀しか使えない。所謂、無理ゲーです。(徳川家康カノン砲を用いました。)
自動車産業は攻城戦というよりも野戦です。終わり無き、関が原合戦がずっと続いている感じです。

半導体製造装置メーカーは比較的ワイドモートを築いています。東京エレクトロンは塗布現像装置のシェアが85%あるし、
大日本スクリーンも洗浄装置のシェアが約60%です。ただ、半導体製造装置メーカーは弱い立場です。
インテルサムスンTSMCには逆らえないのです。だったら、インテルTSMCを買えば良くね?となります。
東京エレクトロンも自社株買いや増配をしていますが、インテルには叶いません。利益率もインテルの方が圧倒的に高いです。

円はリスクオフ通貨なので、円高進行局面では、とりあえず、リスク資産が売られます。
ニトリなどは円高に強いですが、リスクオフで株価が下がれば投資する意味がありません。
結局、円高進行局面でリスク資産で資産を増やす事はできず、FXやCFDでショートポジションを取るというリスキーな選択しかありません。
FXは為替ヘッジ手段として優秀ですが、ショートポジションではスワップがマイナスです。ちょこちょこ出費していきます。
いつ終わるかわからないリスクオンと向き合う、ストレスがたまる手段です。
CFDは危険です。バブルで空売りする事になります。
いつバブルが終わるかなんて誰もわからないので、いつからショートポジションを取れば良いかなんてわからないのです。
円高進行局面で出来る事なんて限られています。無難に買いの手を控えて、円を持っておくのが一番良いでしょう。

◇唯一、日本の大型株が輝く瞬間は・・・
これは政治主導相場の時です。民進党に政権をもう一度渡そうとは誰も思わないでしょう。
なので、しばらく自民党が両院とも握る形になります。
他国がねじれ状態なら、政策実行スピードは日本が一番早い事になります。
実際、リーマンショックからの回復で、初動自体は日本が一番早かったです。
(青:IVV 赤:MSCI JAPAN ETF)
f:id:takeboww:20170413131450p:plain
リーマンショクでダウ平均は7000ドル、日経平均は7000円程度まで暴落しました。
ダウ平均が1万ドルまで回復していない時、日経平均は1万円を回復していました。
日本株の回復は民主党政権に阻止されました。
また、アベノミクスでの急騰ぶりはアメリカを凌駕していました。
f:id:takeboww:20170413131522p:plain
アメリカ株と買い時がかぶるため難しいですが、政治のスピードがアメリカよりもある時は、日本株に乗るのも悪くありません。
ただ、政治で無理やり作った相場は長続きしないと思うので、勢いが無くなれば売る必要があります。
企業の戦闘力では米国に叶わないのだから。


と壮大な妄想でしたが、果たして上手く行くのか・・・。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株投資で使えるアプリ

◇良い感じ
Seeking Alphaというアプリを最近入れました。複数のポートフォリオを管理でき、ポートフォリオに入っている銘柄に関するニュースやアナリストの意見記事を見つけてきてくれます。僕は現在保有済み銘柄、将来の購入候補、セクターETFの三種類のポートフォリオを登録して使ってます。どのセクターが今日は動いたかとか、購入候補は安くなってないかとかがわかります。保有銘柄に関する最新のニュース、アナリストの記事も手に入るので重宝しています。やはり、日本にいると情報が少ないので。

f:id:takeboww:20170412212723p:plain

◇難点もある
もちろん、難点もあります。それは全て英語だということです。英語の勉強だと思って読んでいます。

無料ですので、興味のある方は是非

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村