たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

為替ヘッジについて

◇2017年はドル安
アメリカの経済指標はそれほど強くないため、
長期金利はなかなか上がらない。
しかし、世界経済を見るとユーロ、新興国は回復の兆しが見られる。

アメリカの弱い経済指標→長期金利低下→ドル安

というシナリオです。

ドル安→新興国株上昇→新興国通貨高→IEMG購入
長期金利低下→債券の魅力薄→株高→株は保持

アメリカの弱い経済指標というシナリオに基づき戦略を立てていますが、
ひとつ重要な事を忘れていました。

それはアメリカの長期金利低下→日米金利差縮小→円高ドル安です。
リスク資産はドル建てで持っています。

長期的にはドル建て資産およびドル建ての配当の最大化を目指しますが、
円建資産(ここでは人的資本も含む)の影響が大きいうちは円建も気にした方が良いかなと。

せっかく、売り抜けても為替でダメージを受けますし、
1ドル=80円は十分に考えられます。

例えば、ビックマック指数から、1ドル=74.656円が導かれます。

アメリカ:5.09ドル
日本:380円

380/5.09 = 74.656

アメリカが再びゼロ金利政策に戻れば、1ドル=80円は十分考えられる水準です。

ドル建て資産は13500ドルほどあります。
1ドル=111円ならば、約150万円ですが、1ドル=80円なら、約108万円です。

為替ヘッジをやっておくべきでしょう。

◇為替ヘッジのやり方
為替ヘッジのやり方は簡単です。
FXでドル円をショートすれば出来ます。

1万と3千通貨分、ショートしておけばヘッジできます。
なるべくスワップポイントが低い業者で行えば、ヘッジコストを小さく出来ます。

これでドルベースでの上昇のみが資産に影響を与え、
為替からは影響を受けなくなります。

以前、ドル安でよし!と思えるようになったと記事を書きました。
ドル安=アメリカの投資家が積極的にリスクを取るようになる。なので、株式は上昇します。
キャッシュで持つメリットが薄まりますからね。
真にドル安で良しと思うには、為替ヘッジを入れておくべきです。

1ドル=80円、75円と極端な円高ドル安が進んだ時に、ヘッジを解除すれば、良いです。
利益から税金を引かれて完全にヘッジできませんが、
全くヘッジしないのと、8割ヘッジなら、後者の方が良いでしょう。

◇いつヘッジをすべきか?
これはドル円の動向を見ながらやりたいです。
自分の場合、ドル取得単価は1ドル=112円ほどです。
なので、1ドル=113円、114円あたりで行うのが理想です。

バランスシート縮小で長期金利が間違いなく上がると思うので、
そこが為替ヘッジのチャンスでしょう。

明日の為替動向はわかりませんが、リセッションでドル円がどうなるかはわかりきっています。
分かりきっている事に無策なのはどうかと思い、対策すべきだと思ったしだいです。


◇FXによるヘッジの問題点
気をつけるべき点はレバレッジをかけすぎない事です。
レバレッジをかけすぎると、思わぬ方向に為替が動いたとき、ロスカットを喰らいます。
なので、3倍程度が限度だと思います。10%動くと、元本に対して30%、動く事になります。

適切なレバレッジ設定なら有効に使えます。
ドル建て資産を2万$持っている場合、レバレッジ3倍なら70万円程度の証拠金があればヘッジ完了です。
このくらいが妥当でしょう。

この方法の弱点としては、資産が大きくなると使いにくいという事です。
50万ドル運用していると、レバレッジ3倍でも、1800万円の証拠金が必要です。
資金が大きくなると、配当再投資の威力も大きくなるため、ヘッジのために現金を遊ばせておくのはもったいないです。

50万ドルだと5000万円です。
年齢にもよりますが、人的資本の円建資産よりも、ドル建て資産の影響の方が大きいし、
どうしてもドル安が嫌なら、金などドルと逆相間の資産クラスを持っておき、円高時にドル建て資産を買い増す方がよっぽど合理的です。

自分の資産クラスを考えた時、円とドル、どちらが多いかで、取るべき選択肢は異なってきます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

副業計画中

ちょっと、副業を計画しています。どんな副業かと言うと、クワガタ採集して、ヤフオクで売りつける副業です。

僕は田舎に住んでいます。近所の森でクワガタやカブトムシが取れるそうなので、50匹くらい捕まえて、一匹1500円くらいで売れたら、結構儲かるんでない?という安易な発想です。
カブトムシは成虫状態で冬を越せないので、クワガタの方が寿命が長くて、発送中に死ぬとか、トラブルにあいにくいかと思いました。

今年は勉強して、来年以降に本格的にやってみようと思います。

しかし、都会の子供はかわいそうですね。クワガタをわざわざ買わないと飼えないなんて。僕の感覚では、クワガタは家の前に遊びに来た時に捕まえるものなんですが。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ハイテク長期投資は無理ゲー

ブレークアウトした瞬間を狙って買ったVisaとIMEGです。
1週間経ちますが、含み益状態ですので、タイミングとしては悪くなかったようです。

またVisaの決算は良かったです。
グロース株投資は決算前夜が一番緊張します。
無事通過してくれたのでホッとしています。
今日の取引でどこまで値を伸ばすか楽しみです。

一方、クアルコムは約-5%の大幅安。
取引直後に逃げれば-3%弱で済んだのですが、逃げ遅れて-5%。
今日、ちょっと盛り返したらさっさと売ろうと思います。
まだ含み益があるので、損しないうちに逃げます。

ハイテク株の長期投資って無理なんじゃないかと最近思います。

10年後にどれくらい技術が伸びているか分からないし、
何がブームになっているかもわかりません。

AIやらIoTやら色々出てきますが、10年後にはIoTは広く行き渡っていて、ブームとしては枯れているかもしれません。
今、AI、AI言っていますが、あまりにも危険だからと規制されているかもしれません。
アップルだって、iphoneで儲かっていますが、10年後には「1000ドル越えのスマホなんて誰が買うの?」
で、全然売れなくなっているかもしれません。
ネット広告の王者、グーグルやフェイスブックだって、「ネット広告ってあまり意味無いよね・・・」
と広告主が思い始めれば、売上はガクンと減ります。

僕が推しているTSMCだって、技術でサムスンに負けて、受注を取られているかもしれないし、
iphoneが売れなければ、TSMCだって儲かりません。
(それでもTSMCはまだまだ大丈夫だと個人的には思いますが。
SBIさん、ブルーエプロンなんて追加しなくていいから、TSMCを追加してくれ・・・。
10年後にはほぼ確実にINTELを抜いているんだから・・・。)

ハイテク株を無理して、BUY&HOLDする必要って無いんじゃなかろうか?IBMとか。

VTIやVOOなどのシンプルなETFをコアにして、サテライトでマクドナルド、ジョンソン&ジョンソン、コカ・コーラ、エクソン・モービルなどの高配当バリュー銘柄。
残りは順張りで、ハイテク株、新興国ETFなど。トレンドが崩れたら売る。債券代わりに金を少々。

なんてポートフォリオの方がすっきりするんじゃない?って思います。

こんな感じのポートフォリオです。

f:id:takeboww:20170721180519p:plain

管理が楽で良さそうですけどね。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ドル安でよし!と思うようになった

投資を始めたばかりの頃は円高ドル安は円建て評価が下がるので、「嫌ーー!」と思っていました。

最近はドル安になると「よし!よし!」と思えるようになってきました。
なぜ、ドル安になると嬉しいか?それはアメリカ人の投資家がリスクオンになってくれている証拠だからです。リスクオン=株高なので、ドル安大歓迎です。
また、円の購買力が増すので、新しく株を買いやすいです。

リスクオフの円高もありますけどね。そん時はマクドナルドやジョンソン&ジョンソンなどの高配当銘柄の仕込み時だし、米国ETFも買い時です。

長期的には円安ドル高だと思いますが、短中期的には円高ドル安が好ましいです。
順張りにしろ、逆張りにしろ、株を仕込やすくなるので歓迎です。

まぁ、為替なんて長期的にはインフレ率の差で決まるだけです。
物の価値は不変、通貨の価値こそが揺らいでいます。
長期的に円高ドル安だったとしても、インフレがきつい分ドルベースの株価が伸びて、釣り合います。
サラリーマン投資家は新たな投資を終えるその時まで、常に円高ドル安を願うべきです。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

同じ阿呆なら踊らにゃ損々

今の株式市場は量的緩和バブルで踊っている相場です。

踊る阿呆に見る阿呆
同じ阿呆なら踊らにゃ損々

という言葉がありますが、割高だ割高だと言って、全キャッシュで見ているだけの人は機会損失しています。踊っている阿呆は着実に資産を伸ばしています。
正に文字通り踊らにゃ損です。

今は長期投資で仕込むべき時期ではありませんが、長期投資しばりをする必要はありません。
長期投資がダメなら短期投資をすれば良いし、音楽に合わせて踊りましょう。
今は短期投資向きの音楽が鳴っていると思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

隙あらば野○

野球の世界では、打線の組み方について、バリー・ボンズを9人並べろという最適解が広く知られています。

というのは冗談ですが、ポートフォリオの構築はスタメンの選定に似ています。

例えば、ほぼ毎試合出るのは実績がある選手です。

巨人で言えば、坂本選手です。
こういった選手は悪い時でも、四球を選んだりと最低限の事はします。

長期投資するなら、巨人の坂本選手のような銘柄に投資すべきです。長年の実績があり、株価の勢いがいまいちでも、配当をしっかり出すような銘柄です。
例えば、ジョンソン&ジョンソンやマクドナルドですし、VTIやVOOなど実績のあるETFです。

若手選手は期待先行で使われます。結果を出し続ければ、レギュラーに定着します。しかし、定着する前に調子を崩せば、スタメンから外されたり、二軍に落とされたりします。
しかし、調子が悪いのにもかかわらず、実績の無い若手を試合に出し続けると、「隙あらば野間」とファンから非難されます。

個人投資家には批判してくれるファンがいないので、間違いを改めるきっかけがなかなかありません。

あなたのポートフォリオに、株価が低迷している無配株はいませんか?隙あらば○○をしていないか要注意です。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

時は金なり。引越しのサカイの営業は糞

引越しのサカイという会社があります。
僕は去年引越ししました。その時の話をします。
まぁ、営業がアホすぎて、生きていて辛くないの?と言うレベルでした。


◇サカイの営業がダメな理由

詳細を説明します。

①時間を守れない。
時間を守れません。約束の時間に来ません。
営業は時間に遅れたらダメな人種ですよ。
最も時間に対してタイトにならなければいけない人種です。
5分、10分なら許せるけど、20分以上遅れていますからね。
ありえない!

ちなみに合い見積もりを頼んだ、アート引越しセンターは
30分前には駐車場に着いていて、サカイが遅れてくるのを見ていたそうです。

②自分の立場を理解せず話を展開。
まず、遅れてきた時点で相当不利な立場になります。
当然です。ゼロからのスタートではなくて、マイナスからのスタートです。

しかも、自分は20分も遅れてきているのに顧客には即決を求めます。
F○ck you! ぶち○すぞ。

上司に言って、もうちょっと値引きします。とかわざとらしく電卓叩くとか。
あのさぁ、あんたのために20分も浪費したのに、頭の悪いスタンドプレイに付き合う暇は無いの。
あんたの心証は最悪なんだから、覆すにはMAX値引きを最初から提示する以外ありえないでしょ。

全然立場をわかってないです。

電話で断りを入れた時も、「まだ値引きできますが・・・」

だから、マイナススタートで一発逆転しかないのに、なんで出し惜しみしているの?
勝てるわけ無いでしょ?

◇まとめ
頭の悪い営業っていますよね。
自分の立場をわかっていない。そういう営業にあたると最悪です。
自分の時間を奪われます。
頭の悪い人は、時間に対する意識が低いのです。相手の時間を奪っている認識がない。
僕は自分の時間が貴重だから、相手の時間も奪いません。
Time is money!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村