読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけぼうの誰でも出来る米国株投資

平成生まれのサラリーマンが、米国株投資で豊かになれるか実践していきます。目標はアーリーリタイアです。

お金持ちになるためには?

f:id:takeboww:20170523171652j:plain

お金持ちになるための式は以下です。
資産=収入-支出+資産×利回り

利回りは株式や不動産などリスク資産を持つことで向上させることができます。
が、一番大事なのは収入を増やす事、もっと言えば、配当と給与以外の収入、要は副業です。収入の分散こそが金持ちになるためのポイントです。

◇ブログは大変。
ブログは300人/日くらいのアクセス数が無ければ、収益になりません。アクセス数を伸ばすためには、内容と更新頻度が大切です。しかし、僕の記事レベルではなかなか難しいでしょう。資産額も小さいです。「弱小投資家なんて興味無いよ」ってこと。

◇セドリが良いと思う。
セドリは案外良いのでは?と思いました。売値の目安と、売れ筋は調べればわかります。つまり、たった一点だけ気をつければ良い。如何に安く仕込めるか。これだけです。あとは行動を起こすだけ。
なんですが、なかなか難しいんですよ。これが。
在庫を抱えるリスクを考えると動けないんです。

◇副業を模索中
セドリが良いと思うのですが、行動に移せてません。ブログはもうちょい精進してから。アクセス数を増やしてから、ブログの有料化を行って、グーグルアドセンスを申込みたいですね。
なんか良い副業無いだろうか?

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

連続増配企業への投資は究極のマゾ思考投資だ

連続増配企業への投資は有効だと思います。
しかし、いつでも買えば良いとか何でも買えば良いとシーゲル銘柄だから買えばよいとか。
そんな簡単ではないと思います。
大事なのは投資目的です。インカムなのかキャピタルなのか、長期なのか短期なのか。
ほとんどの人はインカムゲイン狙い&長期投資でしょう。
なんとなく投資でなくて、本当に有効な投資方法にするには、購入時に何を重視すべきかがとても大事です。

f:id:takeboww:20170522183207j:plain

◇購入時の配当利回りとβ値は重要

1.購入時の配当利回りについて
連続増配銘柄に投資するという事は、毎年増加するインカムゲインが目的です。そして、配当は増加していく前提に立っているはずです。
株価の上昇、下落によりその時々の配当利回りは変化しますが、購入資金に対する配当利回りは増加していくはずです。
如何に配当利回りが高い時に投資するかが最重要です。
増配率が5%で一定の銘柄があると仮定した時、配当利回りが3%で買った時と、2.7%で買った時、20年後の購入額に対する配当利回りを比較してみます。

3×(1.05)^20 = 7.96%
2.8×(1.05)^20 = 6.63%

中々の差が出ます。

2.β値
これは精神的に重要です。長期保有する際、激しく乱高下する株は精神的に良くありません。
気にしなければ良い というわけにはいきません。人間なので。気になります。
連続増配銘柄に投資するのはインカムゲイン狙いなはずです。
インカムの安定性を重視して、キャピタルゲインはあまり期待しない戦略です。
キャピタルゲインはあきらめるという割り切りが重要です。


◇妙に配当利回りが高い株は気をつける。
めちゃくちゃ配当利回りが高い銘柄もありますが、そういう銘柄は避けるべきです。
連続増配記録が途絶える危険性があります。
増配目当てで買ったのに、減配されたら意味がありません。
3%前後で、配当余力のある配当貴族、配当王。こういった銘柄のみ買うべきです。
配当貴族=減配しない ではないのだから。

◇結局、いつもの銘柄に落ち着く。

配当利回りが高く、β値が低い銘柄となると、いつものになります。
KO,PEP,PG,JNJなど・・・。

◇連続増配銘柄投資は買値にこだわらなければいけない。それは究極のマゾ思考投資
配当利回りは配当/株価です。
なにかの拍子で不当に売られて株価が安い=配当利回りが高い時に買う。何かの拍子は事業の健全性に影響しない。
つまり、バリュー株投資を行わなければいけません。

配当貴族 + 利回り○.○%だから買いというのは良くありません。
(僕のABBVの買い方でした。)
北朝鮮リスク、欧州政治リスクなど、業績とは関係ないところで買うべきです。
もっと下がるかもしれないという恐れの中で買うべきです。
JNJのチャートを見ます。
サブプライムローン問題で70ドルから60ドルまで下落しました。
サブプライムローン問題はJNJの業績と関係ないので買いです。

リーマンショックで更に下落しますが、リーマンショクとJNJの業績は関係ありません。
50ドル付近は買いです。

f:id:takeboww:20170522183733p:plain

キャピタルは捨ててるんだから、気にしてはダメですし、どうせ回復します。2008年の配当は1株当たり0.42$でした。
リーマンショックで「もう株式は終わった」ではなく、「JNJを配当利回り3.36%で買えるなんて気持ちいい」
と思えないとダメです。これは究極のマゾ思考であり、JNJに相当な自信がないと買えません。
連続増配銘柄への投資はお手軽なんてとんでもない。
これは究極のマゾ思考投資であり、普通の人には狂気の沙汰としか思えない。暴落中に買い向かう、本当に胆力のある投資家しか出来ない投資法です。
「私は連続増配銘柄しか買いません」と宣言している方々は次の暴落時に買い向かう事ができるのでしょうか?
僕は自信がありません。暴落時こそ投資家としての資質を問われるのかもしれません・・・。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

駒の延長が指揮官やってる限り勝てんよ

日本の会社が一向に成長できない理由は管理職がまだ駒であったときの思考に捉われているから。
ほとんど、これに尽きるのではないかと思います。

f:id:takeboww:20170519210055p:plain

日本人は駒としては優秀だと思います。街中見てても綺麗だし、秩序だっているし。
でもね、駒が良くても、指揮がダメだと勝てません。
指揮官が優秀なら飛車角落ちでも、勝てます。

こんな事がありました。
トップダウンで「開発期間を半分にしろ」という命令が下りました。
変化が激しい時代ですから、言っている事は間違っていません。
で、うちの部署の上層部は、半日も使って各Grに「開発期間を半分にするためには」を考えさせました。

Grで考えているうちに、期間⇒工数に言葉が置き換わっていきます。
期間≠工数ではないのです。工数が同じでも、倍の人数でやれば期間は半分になります。
余計な仕事(開発の直結しない)を減らして、1日の内、開発に関わる時間を増やせば、期間は短くなります。

品質を守るためにはそれなりの検証が必要なので、工数の削減はたかがしれています。5%できれば良い方です。
トップだってそのくらい分かっているでしょう。元エンジニアなんだから

そうです。このトップダウンの命令は、駒である平社員向けではなく、マネージャー層に向けてのメッセージで
「マネジメントを工夫して、開発リソースを倍にしろよ」というメッセージに他ならないのです。

でも、自分のマネジメントに問題があるなんてこれっぽちも思っていない、というか気付いていないので、
駒である平社員に「工数削減の工夫を考えろ」という命令をして、余計に時間を食うというトンチンカンな事になります。

アホか!!!

◇自分より頭の悪い奴にマネジメントされるのは苦痛すぎる。

自慢ではありませんが、大学は旧帝大でした。人口5万に満たない田舎で育った私はびっくりします。
「自分より優れている人が世の中にはこんなにいるのか・・・」
と愕然としました。高校までの私は正に井の中の蛙だったのです。
研究室は半導体系でした。深夜まで実験する必要がありました。(お金払ってこんな事をするのは割に合わん)と思いました。
院試も幸いにも(?)落ちたので、1年留年して、就職しました。
元々、九州に帰りたかったのもありますが、自分より優秀な人達に囲まれて劣等感を感じながら仕事をするのはキツイというのもありました。

でもね、もっと苦痛な事があるというのが分かりました。

それは、自分よりアホにマネジメントされるという事です。

直属の上司は、発想が駒のままです。有能なエンジニアですが、無能な働き者の管理職です。
規模の経済、費用対効果、こういうのを表面上しか理解してない。
なので、やった方がいい事(やらなくても品質に影響でない事)を片っ端からやろうとします。
(耐えられなくなって、1人辞めました。)

やった方がいい事を片っ端からやろうとしている部下に優先順位を示して無駄を省く
これが管理者の仕事だと思うのですが、発想が駒のままなのでダメです。
優先順位を考えてやる事を省いている部下(私)に自分がやった方が良いと思う改善を全部盛り込むように指示をします。
自分が絶対正しいと思っているし、すぐ感情的になるので、疲れます。
部下の手が回らないのは、マネジメントが起因なのに、部下の仕事の進め方に問題があると考える。
自分が言った事を覚えてない。(僕は根に持つタイプなので、しっかり覚えています。)
無能すぎる。頼むから何もしないでくれ!!

会社全体としてもマネジメント力の低さを感じます。
うちの会社は半導体関連なので景気に敏感です。忙しい時と忙しくない時の差が結構あります。今は繁忙期です。
繁忙期に「仕事のための仕組み作り」、「各Grで散らばっている情報の集約化」をやろうとしています。
ちょっと神経を疑います。米国が利上げを行うと、顧客の投資計画にどういう影響を及ぼし、自社製品の出荷台数はどうなるか・・・
考えればすぐわかります。利上げが進めば顧客の投資計画が縮小され、出荷台数は減ります。つまり不景気になります。もっと言えば、暇になります。
「仕事のための仕組み作り」、「各Grで散らばっている情報の集約化」。こういう仕事はいつやっても一緒です。
なので、不景気になった時にやるべきです。量産設計や製造は特に暇になるので、リソースを借りて、一気にやってしまえば良いのです。
不景気は遠い話ではありません。FRBの利上げは進行中です。

◇日本の会社は行き当たりばったりで、マクロ経済に応じた長期計画がない⇒だからダメ
目標の建て方が行き当たりばったり。景気不景気を読もうとしません。だからずーーーーーっと人手が足りず、あたふたあたふた。
投資を始めて1年くらいの若造にこんな事を思われるなんて。。。

頼むから、まじめにマネジメントをしてくれ。なんかドキュメント作ったり、変なルールを作るのはマネジメントじゃないから!
技術的な事も大事だけど、2番目にすべき事を捨てていく、1番必要な事だけをやる。リソースを集中する。
景気を先読みして、長期的な業務目標を立てる。
これがマネジメントだから!
本物のマネージャーが不足している。というかいない。これでは勝てません。指揮官がいないと駒は動けないのだから。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

オラに力を分けてくれ!

SBI証券をご利用の皆様、どうかこの若僧に力を貸してください。
f:id:takeboww:20170519223931j:plain

【悲報】TSMはSBI証券で扱ってなかった

買おうと思ったけど、扱ってなかったので買えませんでした。これはショックすぎる。というか、下調べ不足・・・。楽天証券では扱ってました。

半導体製造装置メーカーのAMSL(オランダ)はあるのに、TSMCは無いとは。。。

【お願い】
この若僧のために、TSMをリクエストして頂けないでしょうか?
TSMCは世界最大の半導体ファウンダリで、ファウンダリ事業のシェアは6割。
時価総額インテルを越えています。
f:id:takeboww:20170519223148p:plain

チャートも綺麗な右肩上がりです。
10年間の配当再投資込みの年率リターンは11%です。
営業利益率は30%を越えています。
半導体市場は緩やかに成長する見込みで、TSMCインテルのように特定の分野に依存しません。
ちょっと欲しくなったりしませんか?

ちょっとでも欲しくなった方はSBI証券に取り扱いリクエストをお願いします。
私もリクエストしました。

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=service&dir=service&file=home_request_kako_01.html

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABBV処分

◇とにかく疲れる
特許切れで急落したり、とにかく値動きが荒すぎます。
よくわからない&値動きが激しい

こういった株とずっと付き合うのは無理だと思い、売却しました。ちょっとだけ損失が出ましたが、授業料と割り切ります。

◇次はあいつを買うぞ!
次はTSMを買います。
彼らの業務内容は把握出来てます。だってお客さんだから。会社のポータルサイトには半導体関連の最新マスコミ情報が掲載されているので、業界動向もわかります。

TSMCはファウンダリ事業でワイドモートを築いています。
詳しくは今度書きたいと思います。
リスクオフ継続でもうちょい調整したら買います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

株ではなくて企業を買うんだ。猛省

「株ではなくて企業を買え」とよく言います。
これはとても大事な概念だと最近痛感しています。
ちょっと振り返ってみます。

◇典型的な企業じゃなくて株を買ったパターン

僕が買った銘柄一番後悔しているのがABBVです。
これは企業じゃなくて株を買ったからです。

下記のどにゃるど さんの記事の通りに振り返ってみます。

(どにゃるど さんのブログはとても勉強になるので、毎日何回も拝読しています。。。)
donyarudo.com

1.買った銘柄 ABBV
2.買った時の株価 65.87
3.その時点での売買判断 配当貴族で利回り3.8%は魅力的。PERは購入時点で18倍と他の製薬企業よりも安い
4.判断理由 WSJでヒュミラが特許切れしても、利益率の向上で乗り切れるとあった。他の製薬銘柄より安いので、上昇余地がある。
5.買ったときの気持ち 乗り遅れると思って買った

典型的なダメな買い方です。こんな買い方では儲かりません。
まず、abbvieという企業を良く知らないまま買ってます。
購入判断は配当利回り、PERだけ。
判断理由もWSJに記載があったからという陳腐な理由です。

◇反省

1.買った銘柄 ABBV
2.今の時の株価 66.01
3.その時点での売買判断 PERが他の製薬銘柄よりも低いのはリスクがあるから。ヒュミラに頼る収益構造は明らかにリスキー
4.判断理由 WSJの情報を鵜呑みしている。本当にそうなのか自分なりに考えていない
5.買ったときの気持ち 乗り遅れると思った時は買いのピーク、買ったらダメ。

幸い、大きな下落に見舞われてないのが幸運です。
似たような銘柄にギリアドサイエンスがあります。見てください。このチャート。

f:id:takeboww:20170515201722p:plain

綺麗な放物線を描いています。ABBVも同じ運命をたどるか分かりませんが、可能性としてはあります。
それを反映していたのが他社に比べて低いPERであり、配当利回りでした。
PFE:27倍 ,MRK:45倍

これがVTIやVOOなら、暴落しても、いずれ回復する可能性が高いと言えます。また、仕組み上ゼロにはなりません。
個別株はそのまま消えて、ゼロになる可能性もあります。
個別株で配当貴族だから・・・とか、企業の業績と全然関係ない理由だけで買うのは間違いです。猛省しなければなりません。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

日々の値動きにイライラしているようではダメ

僕の事です。

f:id:takeboww:20170511185154p:plain

僕のポートフォリオですが、

1.VYM
2.HDV
3.ABBV
4.KO
5.XOM
6.QCOM
7.EWM
8.VEA

の全部で8つです。
この中で最もイライラするのがABBVです。
なんでイライラするかというと単純に高値で買っているからです。
取得単価は66.19ドルです。RSIが70と買われすぎの時に買ったので非常にイライラします。
また、ヒュミラというブロックバスターに頼る収益構造はギリアドを連想させます。

逆にQCOMなんかは購入時のRSIが30を切っていたので、あんまりイライラしません。
また、NXP買収成立という大きなプラス材料があると信じているのでそこまで心配していません。
KOはじわじわ上がる感じが好きです。ディフェンス力がありますし、リスクオフでもあんまり下がりません。

VYMとHDVにもちょっとイライラします。なんかこうもっとS&P500が上がれば素直に上がって欲しいのに下がります。
スマートベータETFよりも普通のETFの方が僕には向いています。
スマートベータETFとノーマルETF、長期でどちらのリターンが高いかは分かりませんが、VTIやVOOを買って放置の方が気楽です。

投資を長続きさせるためには、イライラしない銘柄をできるだけ安値で買うのが重要ですね。。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村